© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

カテゴリー:購入

住宅ローンの金利がいよいよ上昇?!日銀の利上げ時期との関係について

住宅ローンの借り手にとって気になるのが今後の金利動向だと思います。 その行方を左右するのが、日本銀行(以下、日銀)の金融政策と言われ、現在…

共働き世帯必見。住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)の活用方法。

家を買う時に、「月々○万円までに支出を抑えたい」と予算設定をされている人は少なくありません。住宅ローンの月々の支払に加え、マンションの場合、…

鉄道会社が空き家対策を始動 リフォーム代金が無料!?

鉄道会社が空き家対策??と思われますすが京急電鉄が特に横浜市南部から横須賀市や三浦市にかけての人口減少を危惧していると報道されていました。 …

土地・建物には細かな制限があります。

一見なにげなく建っている家にはさまざまな制限の中,建てられています。 建物を建てる時に必ず守らなければならない建築基準法があります。 …

2040年に生産年齢人口が2割も減少!あなたが買おうとしているその物件は20年後でも買い手がつく物件ですか?

国立社会保障・人口問題研究所 所長の森田朗氏の記事が面白かったのでご紹介します。 ”頑張ればまた、人口が増えて経済が発展していくんじゃ…

住宅ローン減税で失敗する人が多いです。

毎年1月~3月は弊社のホームページアクセスが急増します。 原因は「耐震基準適合証明書」です。 あまり一般的とは言えない耐震基準適合証…

【後編】「マンションならではの2つの問題!?」既存住宅売買瑕疵(かし)保険の種類と注意点 ≪付保証明書で住宅ローン控除等を使う方法≫

今回も「既存住宅売買瑕疵保険の付保」による住宅ローン控除等利用について、掘下げていきます。前回【前編】「マンションならではの2つの問題!?」…

リフォームとリノベーションの違い

お住い探しで目にするリノベーションマンションやリフォーム済マンションがありますが そもそもリノベーションとは、比較的大規模な工事によって、…

ドローンを活用してのインスペクションは広がるか?!老朽化が進む高速道路の管理にも適用される!

個人的にはドローンを活用してのインスペクションが個人住宅に対しても応用されることを切に願っており、本日はその内容についてコメントしたいと思い…

3.11 あれから6年

6年という月日が経ちましたがまだまだ復興の真っ最中です。 当時生まれた子供達はことしの春には小学校に入学するそうです。 取材をうけた子供…

ページ上部へ戻る