© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

カテゴリー:購入

物件引渡し前に外壁塗装を行い、既存住宅売買瑕疵保険付保。住宅ローン減税等が利用可能になりました。

 先月、埼玉県某所のHさんは築30年の物件を購入するにあたり、中古物件という事もあり、不安を感じていました。 また、そのままの住宅購入…

街路樹のコンパクト化が進む?!不動産も駅チカ・利便の良い場所に集約される?!

大きくなりすぎた街路樹をコンパクトな樹木に植え替える動きが広がっています。 管理の手間や倒木の恐れが直接の原因だそうですが、住民意識の高ま…

中古マンション市場に異変が起きている。

三菱地所レジデンスが一棟丸ごとリノベーションした中古億ションと言われるマンションを販売と情報番組で取り上げられていました。 中古マンション…

渋谷の変貌

現在、渋谷駅周辺は毎日多くの人が利用する人気エリアですが、増改築が繰り返された結果、構造が複雑となり利便性が悪化して使いにくいものになってし…

不動産の2022年問題、大都市部で宅地が大量発生する?!

1974年に公布された生産緑地法では、市街化区域内の宅地化を促す目的で大都市圏の一部自治体では農地の「宅地並み課税」が行われ、これにより都市…

困ってしまう前の住人宛ての郵便物

中古の不動産を購入した場合のよくあるお困りごとに、「前の住人宛ての郵便物」があります。 前の住人宛ての郵便物が色々届いてしまい、どうし…

VR(仮想現実)を活用した不動産購入は本当に身近になるのか?!

VR(仮想現実)はVirtual Realty(バーチャルリアリティー)の略であり、コンピューターグラフィックス(CG)という架空の映像や、…

建物の天井裏を点検できるロボットが開発されました。

昨日、報道で千葉工業大学は大成建設と共同で、建物の天井裏を遠隔操作で点検できるロボットを開発しました。 発表されたのは探査ロボット「CHE…

0.5ミリ以上のクラック(ひび割れ)には要注意!住宅購入時の落とし穴?!

先日、東京都23区内の築37年の中古案件のインスペクションに立ち会ってきました。 室内は約1年前にリフォーム行ったばかりの物件でもあり…

1981年6月~1984年3月建築の物件は要注意!!

その物件がいつ建築されたかで利用できる住宅取得支援制度が変わったり、手続きが変わったりします。 最も影響が大きいのは「新耐震(1981…

ページ上部へ戻る