© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

カテゴリー:フラット35等住宅ローン

【必見】10月1日からフラット35Sの金利引き下げ幅が変更となりました…

フラット35Sは、質の高い住宅を取得したことにより、金利を10年間もしくは5年間引き下げるという商品です。 その金利引き下げ幅が9月30日…

フラット35の『S』の金利引き下げ幅が…なんと!!

フラット35というと、住宅金融支援機構と民間金融機関が提携して提供している長期固定金利の住宅ローンですが、一定の要件を満たす物件については、…

「団体信用生命保険」に入れない場合の注意点

住宅ローンを組む時には、「団体信用生命保険(以下、団信)」に加入するのが一般的です。 団信に加入していると、住宅ローンがまだ残っている間に…

フラット35がお勧めな理由

8月は21年以上の金利が0.90%と史上最低金利をまた更新しました。 全期間固定の安心ローンをお得に組むことができるチャンスです。 ぜひ…

何の写真でしょう?戸建て内見の時には必ず視界に入っているもの。本部エージェントの現場レポート≪中古戸建て編⑥≫

これは何の写真でしょう?戸建てを買おうと物件を見学なさっている方は、必ず視界に入っているはずです。でも、この部分は見たことありますか? …

フラットのお申込みはお早めに!

全期間固定のフラット35の金利優遇が、年明け1月末受付分をもって終了となります! まずは金利優遇をおさらい… 「フラット35S」…

【フラット35】制度拡充終了迫る!内見時の情報収集精度で利用の是非が分かれる!?本部エージェントの現場レポート≪中古戸建て編⑤≫

過去にこちらに投稿した中古戸建物件を別の視点で観察してみましょう! 今回は、低金利時代では利用検討必須の長期固定金利住宅ローンの定番中…

フラット35の10割融資、ご存知ですか?

フラット35の借り入れ金額の基本は物件購入価格(土地取得費+建築費)の90%が上限です。 ということは、残りの10%を手持金で補わなくては…

全期間固定金利の定番「フラット35」でリフォーム資金も調達可能に!でも、不動産会社の苦手なハードルが存在...

史上空前の超低金利!金利が低いときのセオリーは固定金利で借りること。リフォーム資金も全期間固定金利の定番「フラット35」で調達しましょう。 …

金利が0.1%上がると、総返済額はいくら上がると思いますか?

日銀の10年国債の金利が乱高下しています。 いえ、「下」はあまりしていませんね。うろうろ上がり続けています。 弊社で代理店を行ってい…

ページ上部へ戻る