1. 不動産取引ガイド

    令和時代の住宅購入 検討しているエリアの自治体は将来に期待が持てる施策を行っていますか?

    住宅購入を検討する際、まず初めに何をやるべきなのでしょうか?物件情報を探す?ローン審査を行う?これからの住宅購入で最も大切なのは「街選び」です。今回はどんな家を選ぶかよりも重要なその街の将来性は大丈夫か?という疑問を抱くことの大切さについてご説明します。■令和時代の住宅購入は「いつでも売れる家」私たちはこれからの住宅購入で重要なのはいつでも売ることができる資…

  2. 不動産取引ガイド

    ペットによる火災を防ぐポイント

    ニュースで製品評価技術基盤機構(NITE)は3月28日、ペットによる火災事故について注意喚起するとともに、事故を防ぐ5つのポイントを紹介されました。ペットに…

  3. 不動産取引ガイド

    災害想定区域の住宅購入は更なる『注意』が必要!

    国土交通省は新築住宅向けの補助金政策を改める事が発表されています。災害が想定される区域で出していた複数の補助金を2024年度から半分にするといった内容です。被害…

  4. 不動産取引ガイド

    土地の規制について

    住宅購入の際に確認が必要なハザードマップですが、皆さんはしっかりと確認してエリアなども選定してますでしょうか。今回は土地を購入する場合の規制についてお話した…

  5. 不動産取引ガイド

    変動金利は「お得」なのか?「いつでも売れる」住宅購入が重要です

    いよいよ日銀の低金利政策が終了し、一部で懸念されていた急激な金利上昇は発生していないものの、今後緩やかに金利が上昇していくとの見通しが強くなっています。これ…

  6. 不動産取引ガイド

    不動産の4つの価格 その4 「実勢価格」

    前回は、不動産の4つの価格のうち、「路線価」についてお話ししました。※路線価の記事については、こちらから確認できます。不動産の4つの価格 その2 「…

  7. 不動産取引ガイド

    マイホームを探すHINT!

    2025年以降で政令指定都市で15%以上下落する都市が現れるなどの見出しのニュースを目にしましたので調べてみました。政令指定都市とは政令で指定されている…

  8. 不動産取引ガイド

    ネット銀行も強化する住宅ローン『ペアローン』の注意点について

    ネット銀行や大手銀行が、夫婦で住宅ローンを借りる「ペアローン」の開拓に力を入れ始めているようです。2024年、PayPay銀行やりそな銀行は加入者が死亡やがんな…

  9. お金・ローン・税金

    2024年4月 フラット35金利のご案内

    2024年4月のフラット35金利は、20年以下が1.23%と前月から0.07%引き上げ、21年以上が1.62%と前月から0.02%引き下げとなりました。大手…

  10. 不動産取引ガイド

    不動産の4つの価格 その3「路線価」

    前回は、不動産の四大価格指標の一つである「固定資産税評価額」について詳しくご紹介しました。その貴重な情報はこちらからご覧いただけます。不動産の4つの価格…

  1. 不動産取引ガイド

    所有者不明土地が減ると取引出来る不動産が増える?!
  2. 不動産取引ガイド

    どの面積が正しいの?~マンションの床面積~
  3. 不動産取引ガイド

    地盤の簡単なチェック方法
  4. 不動産取引ガイド

    担保評価が低くなる土地
  5. 不動産取引ガイド

    借地権が持つ財産価値とは
PAGE TOP