© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

カテゴリー:欠陥・トラブル

敷地境界に(ブロック)塀がある場合の注意点(その②)

土地の境界線上に塀が設置されているが、老朽化して修繕が必要となっている場合、 「誰が費用を負担すべきか」という問題が生じます。 …

その擁壁(カベ)、本当に安全ですか?~宅地造成等規制法~

不動産取引の関係法令第3弾、「宅地造成等規制法」についてです。 エリアによっては、平坦地が少なく、建物が建っている土地が傾斜地であるケ…

火災保険で家財に入っているからといって、全て保険の対象となるとは限りません。明記物件にはご注意を…

火災保険で家財も入っていれば何でも保険の対象になると思っていませんか? 明記物件として申告しておかないと保険の対象とならない物がある事をお…

相続人がいなくても不動産は売れる!(困難事例編)

前回、遺言で「遺言執行者」を選任しておけば相続人がいなくても不動産売却が可能となる、との記事をご紹介しました。http://smile.re…

トイレは10年ほどで故障や不具合が出てくる?!最近のトイレ事情とは?!

家庭のトイレは、新築の場合なら短くみても10年は十分に使用に耐えることができる住宅設備ですが、10年を過ぎると、故障や、不具合が出てくる場合…

相続人がいなくても不動産は売れる!

相続人がいないまま不動産の所有者が亡くなってしまった場合、相続財産は最終的に「国庫に帰属(国のものに)なってしまいます。 なんだかもったい…

いつまでたっても減らない「おとり広告」…国土交通省が規制強化!!

国土交通省は「おとり広告」の規制に乗り出すようです。 そもそも「おとり広告」とは何かご存じですか? ①取引の申出に係る不動産が存在し…

90歳の「永代橋」

本日の日本経済新聞に『重要文化財「永代橋」 アーチ内側から補強で長寿命化』  と言う記事がありました。 http://www.nikk…

安い物件買ったら贈与税!?気を付けておきたい中古住宅取得と贈与税の関係≪2/2≫

前回(http://smile.re-agent.info/blog/?p=3682)に引き続き、「直系尊属から住宅取得資金の贈与を受けた場…

自分の目でも確かめる意識が大切!

宅建業者は、宅建業法により売買契約の前に「重要事項説明」が義務付けられています。ですから、宅建業法で定められた最低限の一定事項については説明…

ページ上部へ戻る