© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

『築40年超の戸建を買ってリノベーション 取材を受けました!』

去年弊社でお世話になりましたお客様が

「週刊ダイヤモンド」より取材を受けましたv(^-^)v

入居されてちょうど1年ぐらいが経ち、

築40年超の戸建をどのように検討し購入をされ、

どのような感じでリフォームをされたかの取材を受けました

雑誌 表紙

先月(6/25)発売されました、週刊ダイヤモンド

特集2

リノベーションで実現 『オンリーワンの家づくり』

の特集コーナーで取材を受けました。

取材写真②

【掲載された記事】

取材①

取材②

【お客様の購入までの簡単なストーリ】

お客様は住宅へのこだわりが強く、古きよき古材のものが大好きでした。
新築建売住宅は、画一的なものが面白みがなく、注文住宅で新築戸建てを建てるのには費用が高過ぎ、予算面でも中古はお得ともあり、中古リフォームが自分にピッタリと・・。

築40年超と不安な点が多い物件でしたが、建築士によるインスペクションを実施したら、耐震診断の結果は「0.19」。現行基準に遠く及ばない結果でした。また随所に築年相応の雨漏れや漏水などの劣化事象が発見されました。建て替えてもおかしくない状態です

「覚悟はしていたとはいえ、どれぐらいの費用が掛かかるのか、本当に再生できるのか不安でした・・・。」

「できるとは思っていたのですが、最後の最後まで不安で・・・(笑)。

仕上がりには本当に満足しています・・・。すごく快適で、何一つ後悔がないです。あれにしておけば良かったと後悔するポイントは一つもないです・・。手をかけるほど、愛着が湧き、今は『家にまつわることが楽しくて仕方ない』」と大変喜んで頂きました。

住みたいエリアや住空間など、引越し後のイメージがある程度固まっていたこともあり、数件見た中でも一番自分達がそこで生活しているイメージが実感物件がこの物件でした。本当に、自分たちが思い描いていた暮らし(ライフスタイル)が可能なのか?リニュアル仲介のプロセスを踏むことで、安心して購入できるイメージができ、この物件の購入を決断できました。
そんなS様より、率直なお客様のご意見やご感想をお話し下さいました!
↓ ↓ ↓
【S様ご利用の声】動画

https://youtu.be/yQ8TEQCf_lo

【インタビューの内容】
①住宅を購入するうえでの悩み
②家を買おうと思ったきっかけ
③不動産会社はどのように選ばれましたか?
④リニュアル仲介のセミナーに参加してみての感想
⑤リニュアル仲介を選んでくれた理由
⑥お住まいになってみての感想
⑦物件を決めるまでのエピソード
⑧築40年超の建物でもいろいろ減税を受けれた
⑨今から住宅購入検討者へのアドバイス

取材写真③

いつ来てもS様宅は、こだわりがあって、空間は古くて新しい、味のあるカフェ風テイスト!

今回の訪問時には、お庭にウッドデッキができていました・・・

ご主人様が頑張って作られました・・・(スゴイ!)

手作りの良さが生きるこだわりの住まい、いいですね・・・

S様ありがとうございました! (*^ー^)ノ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

首位に返り咲いた吉祥寺 住みたいランキングに変化があった?!

突然ではありますが、皆様どのような場所に住みたいですか? 先日、リクルート住まいカンパニーがまとめた関東地区の2017年版「住みたい街…

買った家によってローン控除の上限額が大きく変わる!「200万円」「400万円」「500万円」になる時の違い【中古住宅400万円編】

前回は、住宅ローン控除の上限額が400万円になる物件の代表的なものとして、新築の建売住宅、土地を買って新築、既に所有している土地に新築、の3…

買った家によってローン控除の上限額が大きく変わる!「200万円」「400万円」「500万円」になる時の違い【400万円編・500万円編】

前回は、控除額の上限が200万円になる場合についてご説明いたしました。 中古住宅で売主が個人の場合には、土地・建物共に消費税非課税なの…

既存住宅状況調査技術者をご存知ですか?!インスペクションのご相談はリニュアル仲介にお任せ下さい!

この度、平成29年5月9日(火)に実施されました「既存住宅状況調査技術者講習会」に参加してきました。その際には、下記写真のテキストを活用して…

住宅ローン減税を利用するなら知っておきたい情報。

連帯保証と連帯債務の違いについて… 住宅購入時の住宅ローンを借りる際に、夫の年収では希望の融資を受ける事が出来ない場合に、妻の収入を合算す…

ページ上部へ戻る