© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

リフォームした場合にも登記が必要?

一般的に、お住まいの売買や相続が発生した際には、登記の名義人を変更する登記が必要になります。

ただ、あまり知られていないのが、リフォーム工事などを行った場合にも登記が必要になるケースがあるということです。

不動産の登記簿には、所有者に関する情報の他に、土地や建物の面積や種類に関する事項を記載する欄があります。「登記事項の表題部」と呼ばれる部分です。

リフォーム工事を行った際に、増築や減築などで建物の面積が変わった、用途を居宅から店舗に変えた等、登記事項の表題部に変更があった場合には、登記の変更手続きが必要になります。

また、建物を取り壊した場合などにも、建物の滅失登記という手続きが必要になります。

このあまり知られていない登記手続きですが、実は手続きの期限も法律で設けられています。また、義務を怠った場合には過料の罰則もあるため注意が必要です。

一方、固定資産税については、増築をして建物面積が増えた場合には、手続きをしなくても税額がしっかりと増えているのでご安心(?)ください。

ご不明な点がありましたら、リニュアル仲介までご相談ください。

 

———————————————–

「資産となる不動産を真剣に考えるセミナー」

・マーケットを知る
・資産性とは何か
・リスクを考える
・減税・補助金
・私達ができること

↓ 詳細はコチラ ↓
http://www.rchukai.jp/semi/

———————————————–

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

既存マンションが突然違法建築マンションに!?

2020年に向けて品川駅と田町駅の間に新駅が予定されています。 そのために新しいマンションの建設がはじまっていますがなぜ既存マンションが …

その中央線がまっすぐな理由…ご存じですか?

東京の路線の中でも住みたい沿線トップ3に入る中央線。 沿線の中でも人気の高い中央線ですが、まっすぐな理由ご存知ですか? 通常であれば…

バブル崩壊後、土地に対する意識の変化で「迷子の土地」が増えている!

このまま放置すれば大変になると言われる「迷子の土地」というものがあります。ちなみに、所有者が分からない土地の事で、全国で急増しているようです…

海外赴任者 帰任に備えた日本の家探し 3 【事前準備~売買契約締結 編 1/9】

海外赴任者 帰任に備えた日本の家探し」シリーズ。今回は、住宅購入の事前準備についてご説明したいと思います。現金で購入できるのであれば話は早い…

ロンドンの高層アパートで起きた大規模火災なぜあんなに燃えたのでしょうか。

先日、ロンドンの高層アパートで起きた大規模火災なぜあんなに燃えたのでしょうか。 4階付近で出火、短時間で最上階まで炎上したと言うことです。…

ページ上部へ戻る