© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

長期優良住宅化リフォーム推進事業など住宅取得支援制度をフル活用子供も楽しめる住空間をお得に実現

2016-03-28_102347閑静な住宅街にこだわり、子供と楽しめる素敵な住空間ができました!

Mさんが購入した物件は福岡市東区の閑静な住宅街にある昭和63年の木造一戸建てでした。建築士による建物インスペクションの結果、少しの改修で十分な性能が得られることがわかり、購入を決断いたしました。
和のテイスト・木の温もりを残しながらの広いリビングは、ご家族みんながゆっくり集える空間を実現しました。ガス温水式床暖房は、小さな子供たちにもクリーンで優しく、安心・快適な環境を考慮しています。庭に繋がるウッドデッキはお子様がブランコで遊べるなど、子供と楽しめる住空間が実現しました。

↑ウッドデッキにはお子様が楽しめるようにブランコを設置

↑ウッドデッキにはお子様が楽しめるようにブランコを設置

201603通信1

↑お風呂は最新式のユニットバスへ。 高性能の浴室乾燥機を設置しました。

Mさんがたくさん悩んだ末に選んだキッチンのレイアウトは、コンパクトな動線と収納を考え、L字型のオープンキッチンにしました。

201603事例6

↑キッチンは動線を考えてL型のシステムキッチンに

↑2階の和室を洋室へリフォーム

↑2階の和室を洋室へリフォーム

2階の主寝室は和室から洋室へ変更。床材は杉無垢フローリングで壁は珪藻土と快適な空間を実現。W・I・Cのような空間を設け収納を充実させました。また、居室の開口部には内窓を設置し断熱性と遮音性を高めています。
今回のリフォームでは「長期優良住宅化リフォーム推進事業」の補助金を活用。もちろん耐震基準適合証明書の発行で住宅ローン減税もバッチリです。生活のことを考えこだわり抜いた快適な住空間をお得に実現することができました。

 

↑1階の和室は1室を無垢材のフローリングへ

↑1階の和室は1室を無垢材のフローリングへ

 

↑階段の小上がりに収納スペースを設 けました。細かなこだわりが随所に見 られます。

↑階段の小上がりに収納スペースを設けました。細かなこだわりが随所に見られます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

「家に地下室を作るメリットとデメリット」

家を買うのではなく、家を建てたいと思っている方 東京都心部周辺では、広い敷地を購入してゆったりとした戸建てを建てるのが難しいといった問題が…

私道にまつわるトラブルとは?

一般的に不動産購入において、「私道」には気を付けよう、と言われています。 トラブルが起こるケースがあると言われていますが、具体的にはど…

中古住宅取引におけるリフォーム費用の考え方

中古住宅の取引を安全に進めるためには、リフォーム費用のうち特に改修費用の把握が重要なポイントとなります。ここではリフォーム費用の考え方をご説…

AI住宅・スマートハウス・スマートホームの違い

最近、AI住宅・スマートハウス・スマートホームなどの住宅がありますがどういうものなのでしょうか。 AI住宅とは AIの技術によっ…

2018 年5月度の不動産相場

公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2018 年5月度の不動産流通市場動向が発表されました。以下、首都圏エリアの中…

ページ上部へ戻る