© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

熊本地震から1年…地震対策はされてますか?

熊本地震から1年が経ちました。
1年前のままの変わっていない映像などをニュースで見ると心が痛くなります。
大地震のニュースから学ぶ事は、やはり対策かと思います。

「大丈夫だろう」と思って対策を取っていないと、大切な家族を失ってしまう事になります。
必ず地震はきます。その時に備えて、今のうちから家の中を安全にしておきましょう。

まずは…
『不要家具の処分』ですね。家具が多いとその分危険度が増します。
いつか使うと取っておいたものが命取りになりかねません。早めに処分しておきましょう。

そして、『家具等の固定・配置換え・落下防止』です。
家具の固定器具や転倒防止グッズなど安く売ってます。
どのような揺れにも耐えられるよう、引き出しの飛び出しや照明器具などの落下防止など、考えられる事は全て今のうちに補強しておきましょう。

あとは、『窓ガラスの飛散防止フィルム・防炎カーテン』。
玄関もしくは窓から逃げる事を考えると、窓ガラスが破損した際に飛散してしまってはケガを招きかねませんし、地震による火災でカーテンが燃えてしまっては、逃げ道を塞いでしまいます。
くれぐれも逃げ道を自ら塞いでしまう事の無いよう、事前対策を行っておきましょう。

いつ地震が起きてもおかしくはありません。
早めの対策を心掛けて、大切な家族を守れる家にしておく事をお勧めします。
リニュアル仲介、前田でした。

***************************************************

■不動産の資産価値を即座に判断

セルフインスペクションアプリ「SelFin」

https://self-in.com/ (ご利用は無料です)
■資産となる家を真剣に考えるセミナー

http://www.rchukai.com/#!seminar/c1vy0

***************************************************

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

意外な落とし穴 マンションの底地

通常、マンションの売買をする場合、その底地(=敷地)についてはあまり気にしませんね。 登記の手続き上も、「敷地権化されている」マンショ…

安いからといって旧耐震の住宅を買おうとしてませんか?

家族を守る為にも耐震性について考えてみましょう。 平成25年の段階で、耐震性なしと推計される住宅は総戸数約5,200万戸に対して約90…

リフォーム・リノベーション・リファイニング工事とは?

不動産経済研究所が16日発表した、2017年度上半期の首都圏マンションの平均販売価格は、バブル期以来の高水準に突入し価格上昇が続くマンション…

親から資金援助をしてもらい住宅購入する場合の注意点

「住宅取得等資金の贈与税の非課税」制度という大きな制度があります。 こちらの制度は、親から資金援助をしてもらう前提で住宅購入を考えている方…

マンションの建て替えは”非現実的”?!

「築61年のマンション建替えにみる理想と現実」という記事を見ました。 http://bunshun.jp/articl…

ページ上部へ戻る