© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

マンション希望者比率が過去最低!

このような記事を見つけましたのでご紹介いたします。

株式会社リクルート住まいカンパニーはこのたび、2017年度「『住宅購入・建築検討者』調査」の結果を発表しました。

住宅の購入・建築を検討している人を対象に、検討にあたっての予算や頭金の状況、検討する物件の種別、検討にあたって重視する条件などを把握することを目的に行った。

調査時期は2017年10月27日(金)~11月6日(月)。有効回答数は1,239。

それによると、過去3カ月以内に住宅購入検討のための行動を行った人の割合は、全体の8.2%だった。購入検討状況をみると、「新規購入」が最も多く64.8%、次いで「買い替え」が23.2%。

検討種別は「注文住宅」が62.5%でトップ。2014年から上昇し続けている。次いで「新築分譲マンション」の35.5%。「新築分譲一戸建て」は34.9%、「中古マンション」27.0%、「中古一戸建て」25.6%だった。

一戸建てかマンションかの意向については、一戸建て派は66.2%と調査開始以来最高。マンション派は21.7%で2014年以来減少が続き、過去最低。年代別にみると、50代・60代は比較的マンション希望が高い傾向。新築・中古意向では、新築派は76.3%、中古派6.4%。新築派が7割を超える状況が続いている。

株式会社 リクルート住まいカンパニー

 

年齢が上がると車の運転はむずかしいくなるし階段の昇り降りもきつくなるなど体調などを考えるとマンションはとても魅力的です。

一般的なマンションはエレベータも設置されているし間取的にも床面の段差もなくフラットな構造ですのて足腰が不自由な年齢を重ねた方や車椅子でも室内の移動は楽に移動できるので

私も将来はマンションもいいなと思います。

反対に子育て中の家族にとっては子供を育てる環境としてのびのび育てたいと思うのとマンションなどの集合住宅などは上階の足音が響いたりするので子供の走り回る足音が苦情につながる事があります。

元気よく走りまわる子供を叱りたくはなでしょうし、下の階の人を気にしながら住むのは子供がちいさいとどうしてもむずかいしです。

わたしは戸建てでやんちゃな子供を3人育てましたがあばれようがらくがきしようが成長記録のようなものがたくさん残っていて良かったと思います。

今後の住宅購入の調査対象者の年齢や地域にもよりますが何かの参考になれば幸いです。

リニュアル仲介、渡辺でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

「家に地下室を作るメリットとデメリット」

家を買うのではなく、家を建てたいと思っている方 東京都心部周辺では、広い敷地を購入してゆったりとした戸建てを建てるのが難しいといった問題が…

私道にまつわるトラブルとは?

一般的に不動産購入において、「私道」には気を付けよう、と言われています。 トラブルが起こるケースがあると言われていますが、具体的にはど…

中古住宅取引におけるリフォーム費用の考え方

中古住宅の取引を安全に進めるためには、リフォーム費用のうち特に改修費用の把握が重要なポイントとなります。ここではリフォーム費用の考え方をご説…

AI住宅・スマートハウス・スマートホームの違い

最近、AI住宅・スマートハウス・スマートホームなどの住宅がありますがどういうものなのでしょうか。 AI住宅とは AIの技術によっ…

2018 年5月度の不動産相場

公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2018 年5月度の不動産流通市場動向が発表されました。以下、首都圏エリアの中…

ページ上部へ戻る