© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

どうなる家の価値!?交通の要が無くなってしまったら…

先日、こんなタイトルのニュースが出てきました。

「国交省、赤字バス補助の縮小検討 運行経費の上限、45%→40%に」(産経ニュース)

http://www.sankei.com/life/news/170413/lif1704130050-n1.html

国土交通省が、赤字バス路線の運行経費に対する補助金の上限を、45%から40%へ引き下げる方向で検討しているという内容です。

併せて、収支改善の成果を上げたバス事業者には補助金を上乗せする仕組みの導入も模索しているそうです。

でも、収益が悪化した要因は単純に利用者が少ない(=ニーズがない)というのが根本にあるはずですから、家を持っている人、家をこれから買おうとしている人にとっては、なかなか考えさせられるニュースです。

普段、お住まい探しのお手伝いをしていると、「静かなところで、物件価格が安いし、場合によってはバス利用でもいい」という方や、「仕事は車通勤なので、駅距離はあまり気にしていません」という方がいらっしゃいます。

もちろん、住む場所ですから精神的に安らぐ場所であるというのは重要な要素で、このような考え方を否定するつもりは全くないのですが、資産価値という観点で考えると、良い買い方とは言えません。

家の価格というのは、「購入した価格」ではなく、「自分が売った価格-自分が買った価格」の差額のことを言います。

家の取引価格は需要と供給で決まりますから、自分が買った後、唯一の公共交通手段だったバスが廃線になってしまえば、価値は下がってしまいます。

価格を下げて売れるならまだしも、いくら下げても買い手がつかないということもありえるでしょう。

家をこれから買おうとしている人は、できればこのような買い物は避けた方がいいでしょう。

節約のつもりで物件価格が安いものを買ったのに、結果的に高い買い物になってしまいます。

既に、バス便の家を持っている人は、人口が激減する前に、駅近くのコンパクトなマンションを買う等、資産の付け替えを考えた方が良いでしょう。

私達、リニュアル仲介では、資産価値が目減りしづらい住まいを探すお手伝いをしております。是非ご相談下さい。

以上、リニュアル仲介本部パイロット店 エージェント石川でした。

***************************************************

■不動産の資産価値を即座に判断

セルフインスペクションアプリ「SelFin」

https://self-in.com/ (ご利用は無料です)
■資産となる家を真剣に考えるセミナー

http://www.rchukai.com/#!seminar/c1vy0

***************************************************

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2017 年12月度の不動産相場

公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2017 年12月度の不動産流通市場動向が発表されました。以下、首都圏エリアの…

住宅ローンの種類ってたくさんあってわかりませんよね?

住宅ローンを組む際に、どれを選べば良いか事前に調べておくと良いと思います。 住宅ローンには、住宅金融支援機構など公的金融機関が資金を融…

遺言書が使えない!?相続トラブル回避術

相続争いを回避するため、遺言書を作成しておくとよい、ということはよく耳にしますね。 「うちは揉めないだろう」という方も多いのですが、遺…

『定期借地権付きマンション』の資産価値は?

物件探しをしていたら、「うん?この立地でこの価格って安いんでは・・」と思わず見直してしまう物件があります。借地権のマンションが多いのですが、…

誰でもわかる!木造住宅の耐震診断 ~接合部~

懲りずに誰でもわかるシリーズです。 今回のテーマは接合部です。 【前回までの記事】 第1回 誰でもわかる!木造住宅の耐震診断 ~必…

ページ上部へ戻る