© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

もし直下型地震が発生したら・・検討エリアの被害想定を事前に確認しておこう!

購入検討しているエリアの災害危険度を自分でも確認できるサイトがいくつかあります。

本日は、中でも「直下型地震」が発生した場合どうなるか、シミュレーションできるサイト「あなたのまちの直下型地震」を紹介します。

http://www.drs.dpri.kyoto-u.ac.jp/amcj/index.html

このサイトは、文科省の「都市災害プロジェクト」の一環として作られたシミュレーションマップで、京都大学防災研究所巨大災害研究センターが作成しました。

震源地や規模、発生する季節や時間帯を設定し、その場合に想定される震度や被害状況、ライフラインの復旧状況などをシミュレーション、図化して見せてくれるという優れものです。

設定をすると「震度」、「建物の倒壊確率」、「火災発生確率」、「死亡確率」、「停電日数」、「ガス停止日数」、「断水日数」、「下水道支障日数」が順々に計算され、地図で示されていきます。最後に自分が知りたい場所のそうした情報を知ることができるようになっているのがポイント。地図上でのクリックで場所を指定するようになっているので、購入を検討している地点や、自分の家のある地点、または自分の職場を指定すれば震度はもちろん、被災後の生活状況まで想定できます。

首都圏については関東直下北西縁断層帯地震、立川断層帯地震、伊勢原断層帯地震、蘇秦西部直下、川崎市直下、羽田空港直下、東京湾北部地震など18の震源が用意されており、どこで起きるかで被害の様相が変わることも理解できます。想定される巨大地震を選択するだけでなく、自分で任意の場所と深さに震源を設定し、細かいシミュレーションを地図上に表示することもできます。

まずは、今住んでいる自分の家、職場、そして購入検討しているエリアもシミュレーションしてみよう!

http://www.drs.dpri.kyoto-u.ac.jp/amcj/index.html

バイヤーズエージェント 中田でした。

***************************************************

■不動産の資産価値を即座に判断

セルフインスペクションアプリ「SelFin」

https://self-in.com/(ご利用は無料です)
■資産となる家を真剣に考えるセミナー

http://www.rchukai.com/#!seminar/c1vy0

***************************************************

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

「家に地下室を作るメリットとデメリット」

家を買うのではなく、家を建てたいと思っている方 東京都心部周辺では、広い敷地を購入してゆったりとした戸建てを建てるのが難しいといった問題が…

私道にまつわるトラブルとは?

一般的に不動産購入において、「私道」には気を付けよう、と言われています。 トラブルが起こるケースがあると言われていますが、具体的にはど…

中古住宅取引におけるリフォーム費用の考え方

中古住宅の取引を安全に進めるためには、リフォーム費用のうち特に改修費用の把握が重要なポイントとなります。ここではリフォーム費用の考え方をご説…

AI住宅・スマートハウス・スマートホームの違い

最近、AI住宅・スマートハウス・スマートホームなどの住宅がありますがどういうものなのでしょうか。 AI住宅とは AIの技術によっ…

2018 年5月度の不動産相場

公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2018 年5月度の不動産流通市場動向が発表されました。以下、首都圏エリアの中…

ページ上部へ戻る