© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

ロンドンの高層アパートで起きた大規模火災なぜあんなに燃えたのでしょうか。

先日、ロンドンの高層アパートで起きた大規模火災なぜあんなに燃えたのでしょうか。
4階付近で出火、短時間で最上階まで炎上したと言うことです。
この高層アパート1974年に建設され昨年に外壁や暖房システムの大規模改修工事が行われました。
このような大きな火災になった原因はいろいろ言われておりますが外壁が燃えやすい素材だったのではないかとか防火設備が機能しなかったのではないかとか高層階に放水が届かなかいなど言われております。

ただし、日本国内の高層住宅は延焼防止構造や防災設備の設置が義務付けられ、今回のロンドンと同様の火災が起きる可能性はかなり低いといわれております。(適切に管理されていることが前提としてです)

高層ビルとは総務省消防庁によると、はしご車が届かない11階建て以上の建物は高層ビルと位置づけられ、建築基準法や消防法で規制されています。

マンションの場合、各部屋の鉄扉の外側に廊下が設置され、ベランダ側も仕切りで分断され11階以上はスプリンクラーの設置が義務付けられなど、部屋で火災報知機が作動しても管理室を通じて全部屋に知らせる仕組みが取られているそうです。

高層マンションを検討される場合は避難経路や延焼防止構造、防災設備など確認をお願いします。

買い方や内見が不安な場合は当社のエージェントにご相談下さい。

リニュアル仲介、渡辺でした。

***************************************************

■不動産の資産価値を即座に判断

セルフインスペクションアプリ「SelFin」

https://self-in.com/(ご利用は無料です)

 

■資産となる家を真剣に考えるセミナー

http://www.rchukai.com/#!seminar/c1vy0

***************************************************

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バリアフリーの注文住宅の住みやすいポイント

家は、自分の代だけではなく子供の代にも引き継がれていくことも多いものです。 次の代に引き継ぐまでには、新しい生命の誕生や、どなたかの老化・…

住宅購入 最初に理解すべきこと

エージェントの中田です。 私は、日頃皆様の住宅購入のお手伝いをしています。 年間で数十組のお客様とお会いし、様々な相談を受け…

再建築不可である土地の解決策

販売チラシを見ていると、たまに目を引く安さの物件があったりしますね。 「コレは!」と思って詳しく調べてみると、「再建築不可」との記載が…

売買契約の際の登記ってなぜ必要なのかご存知ですか?

売買契約が無事に終了し、代金の授受が終わると、買主の土地所有権を保全するために、登記を行う必要があります。 売主と買主との間で売買契約…

建物状況調査に関する少し深い情報 その1

今回から数回に分けて改正宅建業法における建物状況調査についてご説明したいと思います。 まず初めに、多くの方が誤認しているのですが、 …

ページ上部へ戻る