© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

「印鑑」「印影」「印章」この違いご存知ですか?

「印鑑」「印影」「印章」この違いご存知ですか?

リニュアル仲介法務部です。

今回も契約などの際に良く使われる言葉の解説です。

契約のご案内をする際に「印鑑を持ってきてください」とご案内をしてしまうと、それは間違いです。

まず、「ハンコを持ってきてください」という意味で使うのは「印章」になります。「印章」=「ハンコ」です。

この印章(ハンコ)を押して紙に映る文字や紋様などを「印影」と言います。

そして「印鑑」とは、印影の中でも実印や銀行印など、市区町村や銀行に届け出られているハンコの印影を言います。

とは言っても、今では辞書にも「印鑑=ハンコのこと」と記載されていたりするので、目くじら立てるほどのことではありませんが、プロとしては正しい言葉を使いたいですね。

ちなみに、印鑑登録できるハンコの大きさは一般的に8mm~25mmとなっています。

大き過ぎても小さ過ぎてもダメということですね。

不動産購入をきっかけに実印登録した、という方も多いようです。

次回もまた契約にまつわる用語をご紹介します!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

買付価格は安ければ安いほど良いのか・・?

いろいろ見比べて、ようやく買いたい物件に出合えた! 後は価格が少しでも安くなればありがたい・・。 買い手にとって物件金額は少しでも安く買…

建物状況調査のよくある問い合わせ

来年4月から改正宅建業法における建物状況調査に関する規定が施行される影響から、建物状況調査(建物インスペクション)に関するお問い合わせが増え…

周辺環境調査を自分で行う方法!

まずは、お住い探しをする場合、土地や建物をネットで検索する人が多いと思いますが ネットで周辺環境チェックシートと検索するとさまざまなチェッ…

火災保険の割引にこんなのがあるなんて…?!

火災保険には、保険会社毎に設けられている割引制度が多数あります。 皆さんもご存じなところで言うと、金融集団割引、地震保険には建築年割引など…

住宅ローンの保証料とは?ローンの仕組み

住宅ローンを組むときにかかる思いがけない手数料のひとつが「保証料」です。 住宅ローンの保証料とは、ローンの返済ができなくなってしまった…

ページ上部へ戻る