© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

畳にもサイズ違いがあるのはご存知ですか?

畳にもサイズ違いがあるのはご存知ですか?
同じ畳、1畳でも、京間→大妻間→中京間→江戸間→団地間とサイズが違います。

畳は平安時代から座具や寝具として重宝されてきたものです。最初は板の間の一部に敷く「置き畳」で、貴族の位によって、大きさや厚さが異なったといいます。畳を部屋中に敷き詰めるようになったのは書院造りの建築が普及した鎌倉時代以降。6尺3寸(191センチ)×3尺1寸5分(95.5センチ)の京間が現れたとされています。

なぜ違うサイズの畳が出できたのでしょうか。少し調べてみました。

「関西で多い『京間』、静岡以東に多い『江戸間』のほか、愛知に『中京間』などがあります。東に向かうほど小さくなります」。他に高度成長期の住宅需要を支えた公団住宅で採用された独自規格「団地間」もあり、江戸間よりさらに小さいです。

江戸に幕府を開いた徳川家康が検地の際、より多く年貢米を取り立てるため、1間(けん)の長さを豊臣秀吉の時代より短くした為とされています。
秀吉による太閤検地までは1間=6尺5寸だったが、秀吉はそれを縮めて6尺3寸で検地し、江戸幕府はさらに6尺に縮めたため、地域ごとに畳のサイズに違いが生じたのだといいます。
徴税の単位となる1坪はたたみ2枚分になります。
現在は1間の長さは明治期に尺貫法で6尺で統一されました。

参考の為にサイズも調べてみました。

名称       サイズ  地域 京間6畳分で何畳敷けるか
京間(本間)  95.5x191 関西圏より西
大妻間(六一間) 92x185  志賀        4畳
中京間(三六間) 91x182 愛知、岐阜などの中部地方 6.6畳
江戸間(関東間,五八間)88x176 静岡より東      7.1畳
団地間(五六間) 85x170   公団住宅       7.6畳

又、住宅の建築方法の違いが畳の違いを生んだとの説もあるそうで、関西では畳に合わせて柱を立てる「畳割り」という方法が一般的です。それに対し、短期間で人口が増えて住宅への需要が急増した江戸では効率化のため、柱の中心と中心の間隔を1間(6尺)とする「柱割り」が主流になり、このため江戸間の畳は柱の太さの分だけ1間が小さくなったのだといいます。

茶室は京間の畳でないと茶はたてられないといいます。 茶道の歩き方や座る位置や茶器の置き場所などの作法が細かく決め られているので、京間の畳のサイズが大事みたいです。
お家のたたみのサイズを測ってみたくなりましたか?
リニュアル仲介 渡辺でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バリアフリーの注文住宅の住みやすいポイント

家は、自分の代だけではなく子供の代にも引き継がれていくことも多いものです。 次の代に引き継ぐまでには、新しい生命の誕生や、どなたかの老化・…

住宅購入 最初に理解すべきこと

エージェントの中田です。 私は、日頃皆様の住宅購入のお手伝いをしています。 年間で数十組のお客様とお会いし、様々な相談を受け…

再建築不可である土地の解決策

販売チラシを見ていると、たまに目を引く安さの物件があったりしますね。 「コレは!」と思って詳しく調べてみると、「再建築不可」との記載が…

売買契約の際の登記ってなぜ必要なのかご存知ですか?

売買契約が無事に終了し、代金の授受が終わると、買主の土地所有権を保全するために、登記を行う必要があります。 売主と買主との間で売買契約…

建物状況調査に関する少し深い情報 その1

今回から数回に分けて改正宅建業法における建物状況調査についてご説明したいと思います。 まず初めに、多くの方が誤認しているのですが、 …

ページ上部へ戻る