© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

2015年の国税調査の結果、申告な事情が浮き彫りに…

2016年10月末に発表された2015年の国税調査の結果、日本の人口が減少し始めているためほぼ全ての道府県では人口が減少しているという事ですが、東京都のみ2010年の時と比べて人口が増えておりました。
なんと、23区内だけで32.7万人も増加しているようです。

これは日本中の人口が23区内に集中しているという事になりますが、年齢別に見てみるとそれぞれ増減もあるのですが、一番目立った世代は19歳~34歳で69.5万人増えておりました。
簡単に言うと、日本中で減った若い人口の7割が東京23区に集まったと言えます。
また、東京都の中でも郊外の方から若者が23区内に集まり、現在では高齢者となった親世代ばかりが郊外に残っているのが現状と言えるでしょう。

人口が増えたのももちろんですが、減らないという事もあり人口が増え続けているのです。
減らない理由の一つとして、都心へ集まった若い世代も、今までは結婚を機に郊外へ移り住んでいたのに対し、現在は大量供給されたマンションなどを買う事が容易になったからだと思います。

弊社では「資産価値」という観点からの住宅選びをお勧めしております。
こういった情報も重要ですので、住宅を購入する際のエリア選定の参考にしてもらえたらと思います。
リニュアル仲介、前田でした。

***************************************************

■不動産の資産価値を即座に判断

セルフインスペクションアプリ「SelFin」

https://self-in.com/(ご利用は無料です)
■資産となる家を真剣に考えるセミナー

http://www.rchukai.com/#!seminar/c1vy0

***************************************************

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

首位に返り咲いた吉祥寺 住みたいランキングに変化があった?!

突然ではありますが、皆様どのような場所に住みたいですか? 先日、リクルート住まいカンパニーがまとめた関東地区の2017年版「住みたい街…

買った家によってローン控除の上限額が大きく変わる!「200万円」「400万円」「500万円」になる時の違い【中古住宅400万円編】

前回は、住宅ローン控除の上限額が400万円になる物件の代表的なものとして、新築の建売住宅、土地を買って新築、既に所有している土地に新築、の3…

買った家によってローン控除の上限額が大きく変わる!「200万円」「400万円」「500万円」になる時の違い【400万円編・500万円編】

前回は、控除額の上限が200万円になる場合についてご説明いたしました。 中古住宅で売主が個人の場合には、土地・建物共に消費税非課税なの…

既存住宅状況調査技術者をご存知ですか?!インスペクションのご相談はリニュアル仲介にお任せ下さい!

この度、平成29年5月9日(火)に実施されました「既存住宅状況調査技術者講習会」に参加してきました。その際には、下記写真のテキストを活用して…

住宅ローン減税を利用するなら知っておきたい情報。

連帯保証と連帯債務の違いについて… 住宅購入時の住宅ローンを借りる際に、夫の年収では希望の融資を受ける事が出来ない場合に、妻の収入を合算す…

ページ上部へ戻る