© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

火災保険で家財に入っているからといって、全て保険の対象となるとは限りません。明記物件にはご注意を…

火災保険で家財も入っていれば何でも保険の対象になると思っていませんか?
明記物件として申告しておかないと保険の対象とならない物がある事をお伝えしておきます。

①1個または1組の価格が30万円を超える貴金属、宝石および宝石ならびに書画、骨董、彫刻物その他の美術品。
②稿本(本などの原稿)、設計書、図案、証書、帳簿その他これらに類するもの

上記のものについては、事前に明記物件の申請をしておかなければ、保険金は出ません。
そして事故時には、①のものについては、市場流通価格を基準に保険金が支払われる事になります。
また、地震保険では、明記物件の申告をしたとしても、保険の対象とはなりません。

上記の事を知らずに、自分は契約なんてしないと思っていませんか?
火災保険は、売買契約や住宅ローンなどが落ち着いたタイミングで火災保険のプランを決定する事が多いので、ついつい知った気で契約をしてしまったという方も多いかと思います。
事故後に後悔する事のないようにしっかりと、内容を把握して契約をされる事をお勧めします。

保険の特約が多いので、分からない事も多いかと思いますので、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
リニュアル仲介、前田でした。

***************************************************

■不動産の資産価値を即座に判断

セルフインスペクションアプリ「SelFin」

https://self-in.com/(ご利用は無料です)
■資産となる家を真剣に考えるセミナー

http://www.rchukai.com/#!seminar/c1vy0

***************************************************

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

物件引渡し前に外壁塗装を行い、既存住宅売買瑕疵保険付保。住宅ローン減税等が利用可能になりました。

 先月、埼玉県某所のHさんは築30年の物件を購入するにあたり、中古物件という事もあり、不安を感じていました。 また、そのままの住宅購入…

無電柱化の推進!

電柱化推進のための新たな取り組みが行われている事はたまにニュースなどで見受けられます。 無電柱化は、「景観・観光」、「安全・快適」、「…

中古住宅のローン控除利用。物件選びの内見時から注意を向けましょう。≪マンション編≫

築25年(非耐火構造の場合は20年)を超えても、既存住宅瑕疵(かし)保険を付保すれば、築年数に関係なくローン控除をはじめ、各種税制の優遇が利…

出るか、お宝!?~埋蔵文化財包蔵地~

不動産取引の現場では、重要事項説明として関係法令についての説明があります。 そこで、重要事項説明で出てくる法令をいくつかご説明してみます。…

街路樹のコンパクト化が進む?!不動産も駅チカ・利便の良い場所に集約される?!

大きくなりすぎた街路樹をコンパクトな樹木に植え替える動きが広がっています。 管理の手間や倒木の恐れが直接の原因だそうですが、住民意識の高ま…

ページ上部へ戻る