© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

カフェテリアの様なこだわりのリノベーションが不動産の価値を劇的に下げてしまう理由

リニュアル仲介本部では、住宅を購入される方へ「資産となる住宅(資産価値が落ちない)のポイント」をお伝えすべく、毎月1回以上、全国でセミナーを開催しています。「資産価値が減りにくい駅はどこ?」「そもそも不動産の資産価値とは?」「リノベーションって資産価値が上がるの?」等、住宅購入時に知っておきたい情報をお届けしています。

住宅の本当の価格は「売却価格-購入価格」です。
売却を考えた住宅購入のPOINTを一つ一つ丁寧にお伝えします。

以下は、セミナーの中で、明確な答えをお伝えする項目です。
1 資産価値が下がりにくい住宅等、本当に存在するのか?どこに存在するのか?
2 頭金はどれくらい入れたらよいか?固定金利か変動金利か?借入期間は?
3 立地適正化計画が及ぼす、不動産の価値について。
4 流行りのカフェ風リノベを希望しているけど、資産価値は向上するの?
5 仲介とリフォームを一緒に提供する事業者はリフォーム費用が高い理由
6 ヴィンテージマンションと呼ばれる旧耐震基準のマンションは買って良いのか?
7 売りに出ている全ての不動産を見る方法は無いのか?
8 流動性の高い不動産の優等生はホテル。その理由は?
250回も続いているセミナーの秘訣をぜひご自身の目で確かめてみませんか?セミナーの参加者を随時募集しています。

家を買うなら知っておきたい情報セミナー
http://www.rchukai.com/seminar


 

PDFファイルダウンロード

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

意外な落とし穴 マンションの底地

通常、マンションの売買をする場合、その底地(=敷地)についてはあまり気にしませんね。 登記の手続き上も、「敷地権化されている」マンショ…

安いからといって旧耐震の住宅を買おうとしてませんか?

家族を守る為にも耐震性について考えてみましょう。 平成25年の段階で、耐震性なしと推計される住宅は総戸数約5,200万戸に対して約90…

リフォーム・リノベーション・リファイニング工事とは?

不動産経済研究所が16日発表した、2017年度上半期の首都圏マンションの平均販売価格は、バブル期以来の高水準に突入し価格上昇が続くマンション…

親から資金援助をしてもらい住宅購入する場合の注意点

「住宅取得等資金の贈与税の非課税」制度という大きな制度があります。 こちらの制度は、親から資金援助をしてもらう前提で住宅購入を考えている方…

マンションの建て替えは”非現実的”?!

「築61年のマンション建替えにみる理想と現実」という記事を見ました。 http://bunshun.jp/articl…

ページ上部へ戻る