© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

漏水…知らないで大金払ってませんか?

漏水によって発生した損害金。払ってしまう前に必見!!

漏水を体験する事なんてないよ~と思っていませんか?
ですが、人生には何があるかわかりませんよ。

今回は、もし漏水を起こしてしまった時に、知らなかったでは損をしてしまう情報をお伝えしたいと思います。

まず、水回りの劣化でも漏水の原因となりますので、お気を付けください。
これは、キッチンや洗面所、浴室の水洗部分やトイレのタンク便器内でチョロチョロと漏れていて止まられない場合があります。
こういった気づかないうちに発生した漏水ですと、カビや結露の原因にもなります。
また、気づいた時には既に水道使用量が急に増えている事もあると思います。
水道局から「漏水してませんか?」など連絡が来れば早期発見もできますが、気づかず数万円もの水道料金の請求が来るなんて事もあります。

ですが、この漏水によって発生してしまった高額の水道料金の請求ですが、各自治体によっても異なりますが、減免処置が講じられている水道局もあるようです。
漏水修繕連絡票などの書類を修理業者さんに記載してもらい、水道局に提出すれば免除される事も多いようです。
知らずに払ってしまう前に、こういった情報を知っておくと、無駄な出費も減らせるかもしれませんよね。
お困りの際は、水道局などのご相談される事をお勧めします。

リニュアル仲介、前田でした。

***************************************************

■不動産の資産価値を即座に判断

セルフインスペクションアプリ「SelFin」

https://self-in.com/(ご利用は無料です)

 

■資産となる家を真剣に考えるセミナー

http://www.rchukai.com/#!seminar/c1vy0

***************************************************

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

住宅の内装壁の種類

住宅の内装壁の話です。 日本では、古くは湿式と呼ばれる塗り壁が一般的でした。 しかし、戦後15年から20年経過した1960年代 施工…

これは何と読む?「畦畔」

今回、ご提案した物件の広告に「当該敷地に畦畔が含まれています。」との記載がありました。 これはどんな状態で、そもそも「畦畔」は何と読む…

国交省「全国版空き家・空き地バンク」の試行運用を開始!民間の不動産情報サイト「LIFULL HOME’S」等でも検索可能。

国土交通省が、全国の空き家・空き地情報を一元的に提供する「全国版空き家・空き地バンク」の試行運用を開始しました。平成29年に国土交通省が実施…

空家率が30%を超える時代がやってくる?

全国的に空き家が増え続け、賃貸物件がダブついています。日銀のマイナス金利政策が賃貸住宅建設を後押しし、首都圏でも特定の地域に集中して賃貸住宅…

放置したら危険!バルコニーに水溜まりが出来る原因とは?!

先日、自宅にて「バルコニーに水溜まりが出来てる!」と妻から話がありました。 このような事象が起こった場合に気になる方も多いと思いますの…

ページ上部へ戻る