© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

漏水…知らないで大金払ってませんか?

漏水によって発生した損害金。払ってしまう前に必見!!

漏水を体験する事なんてないよ~と思っていませんか?
ですが、人生には何があるかわかりませんよ。

今回は、もし漏水を起こしてしまった時に、知らなかったでは損をしてしまう情報をお伝えしたいと思います。

まず、水回りの劣化でも漏水の原因となりますので、お気を付けください。
これは、キッチンや洗面所、浴室の水洗部分やトイレのタンク便器内でチョロチョロと漏れていて止まられない場合があります。
こういった気づかないうちに発生した漏水ですと、カビや結露の原因にもなります。
また、気づいた時には既に水道使用量が急に増えている事もあると思います。
水道局から「漏水してませんか?」など連絡が来れば早期発見もできますが、気づかず数万円もの水道料金の請求が来るなんて事もあります。

ですが、この漏水によって発生してしまった高額の水道料金の請求ですが、各自治体によっても異なりますが、減免処置が講じられている水道局もあるようです。
漏水修繕連絡票などの書類を修理業者さんに記載してもらい、水道局に提出すれば免除される事も多いようです。
知らずに払ってしまう前に、こういった情報を知っておくと、無駄な出費も減らせるかもしれませんよね。
お困りの際は、水道局などのご相談される事をお勧めします。

リニュアル仲介、前田でした。

***************************************************

■不動産の資産価値を即座に判断

セルフインスペクションアプリ「SelFin」

https://self-in.com/(ご利用は無料です)

 

■資産となる家を真剣に考えるセミナー

http://www.rchukai.com/#!seminar/c1vy0

***************************************************

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

「家に地下室を作るメリットとデメリット」

家を買うのではなく、家を建てたいと思っている方 東京都心部周辺では、広い敷地を購入してゆったりとした戸建てを建てるのが難しいといった問題が…

私道にまつわるトラブルとは?

一般的に不動産購入において、「私道」には気を付けよう、と言われています。 トラブルが起こるケースがあると言われていますが、具体的にはど…

中古住宅取引におけるリフォーム費用の考え方

中古住宅の取引を安全に進めるためには、リフォーム費用のうち特に改修費用の把握が重要なポイントとなります。ここではリフォーム費用の考え方をご説…

AI住宅・スマートハウス・スマートホームの違い

最近、AI住宅・スマートハウス・スマートホームなどの住宅がありますがどういうものなのでしょうか。 AI住宅とは AIの技術によっ…

2018 年5月度の不動産相場

公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2018 年5月度の不動産流通市場動向が発表されました。以下、首都圏エリアの中…

ページ上部へ戻る