© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

築43年の一戸建てを思い通りにリノベーション

耐震+劣化改修で現行基準に再生

ショールームをまわってこだわりのアイテムをセレクト 思い通りの住空間を実現しました

 当初は戸建て・マンションなど特に条件を定めず家探しをされていたNさん。新築、中古を問わずたくさんの物件を内見されたそうです。そんなNさんがたどり着いたのが最寄り駅まで徒歩7分、主要ターミナル駅である横浜駅まで15分という好立地の物件でした。

 しかしこの物件は売土地、古家ありで販売されていた物件で、建築士による建物インスペクションの結果、随所に劣化事象が見られ、床が抜けそうな箇所も見られました。耐震診断の結果も0.04で大規模な改修工事が必要だと判明しました。物件代金と改修費用を考慮の上、それでも同じ予算でこの立地は得難いことから、この物件を購入を決断されました。

 壁・天井・床をすべて解体したフルスケルトンリフォームを行ったので、仕上がりの性能は新築と比べても遜色ないレベルに改善。屋根・外壁のリフォームも行ったので今後の劣化対策も万全です。離れの増築も行いました。

 リフォームのショールームをまわって、住宅設備はもちろん、照明や壁・天井のクロスに至るまで厳選されました。また、キッチンは使いやすさを重視して選択されたそうです。振り返ってみると、自分たちが使いたいところに予算が使えたのが良かったと仰られるNさん。思い通りの住空間を実現できるのも中古住宅を選択するメリットの一つと言えるかもしれません。

2016-08-27_150216

2016-08-27_150230

2016-08-27_150151

2016-08-27_150204

2016-08-27_150241

2016-08-27_150300

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

意外な落とし穴 マンションの底地

通常、マンションの売買をする場合、その底地(=敷地)についてはあまり気にしませんね。 登記の手続き上も、「敷地権化されている」マンショ…

安いからといって旧耐震の住宅を買おうとしてませんか?

家族を守る為にも耐震性について考えてみましょう。 平成25年の段階で、耐震性なしと推計される住宅は総戸数約5,200万戸に対して約90…

リフォーム・リノベーション・リファイニング工事とは?

不動産経済研究所が16日発表した、2017年度上半期の首都圏マンションの平均販売価格は、バブル期以来の高水準に突入し価格上昇が続くマンション…

親から資金援助をしてもらい住宅購入する場合の注意点

「住宅取得等資金の贈与税の非課税」制度という大きな制度があります。 こちらの制度は、親から資金援助をしてもらう前提で住宅購入を考えている方…

マンションの建て替えは”非現実的”?!

「築61年のマンション建替えにみる理想と現実」という記事を見ました。 http://bunshun.jp/articl…

ページ上部へ戻る