© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

限られた条件と予算の中で 誰と一緒に家を探すかが重要

インスペクションをすることによって安心して購入。
限られた予算の中で必要最低限の補修に。

物件検討段階で数えきれないほどの不動産会社を渡り歩いたMさん。インターネットで自分たちの条件にあてはまる物件を見つけては問い合わせをしていたそうです。「まるで賃貸住宅を探している感じだった」と当時を振り返ります。質問してもこちらの事情を汲み取ってくれることはなく、聞きたい内容の返事も得られず、気後れと不信感だらけで不安な状況が続いていました。そんな困り果てていた中、たまたまリニュアル仲介のセミナーを知りました。
早速セミナーに参加したMさん。家の購入に対して考え方や価値観が一変したそうです。下記3点のポイントから、リニュアル仲介に任せようと思われたそうです。
 ①一生に一度の買い物「終の棲家」という考え方から将来売却を想定しての買い方
  の視点に考えが変わったこと
 ②エリアの選定の仕方などどういう基準で物件を探せばよいか明確になったこと。
 ③購入価格の妥当性を客観的なデーターをもとに意見がもらえること。
Mさんがたどり着いた物件は、築13年の中古戸建て。新築戸建てが5,000万~5,500万円で売りに出ているエリアでしたが、3,380万円で購入できました。また、3年程前に外壁塗装・屋根塗装済みで、1年前に給湯器交換をされているなど、建物のメンテナンスがしっかりされていたため、かなり状態の良い物件でした。
元々の間取りは4DK。1階のDK部分が狭いため、隣の洋室の壁を取り、ひとつのLDKとして間取り変更できないか検討しました。耐震診断を含む建物インスペクションとの結果、間仕切り壁を取ることができると判明し、購入を決断されました。
建物の状態が良かったため、実施したリフォームは間仕切り壁撤去以外は、劣化が見られた2階バルコニーの防水シートの塗装補修のみ。必要最低限の補修で済ませることができました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

住宅の内装壁の種類

住宅の内装壁の話です。 日本では、古くは湿式と呼ばれる塗り壁が一般的でした。 しかし、戦後15年から20年経過した1960年代 施工…

これは何と読む?「畦畔」

今回、ご提案した物件の広告に「当該敷地に畦畔が含まれています。」との記載がありました。 これはどんな状態で、そもそも「畦畔」は何と読む…

国交省「全国版空き家・空き地バンク」の試行運用を開始!民間の不動産情報サイト「LIFULL HOME’S」等でも検索可能。

国土交通省が、全国の空き家・空き地情報を一元的に提供する「全国版空き家・空き地バンク」の試行運用を開始しました。平成29年に国土交通省が実施…

空家率が30%を超える時代がやってくる?

全国的に空き家が増え続け、賃貸物件がダブついています。日銀のマイナス金利政策が賃貸住宅建設を後押しし、首都圏でも特定の地域に集中して賃貸住宅…

放置したら危険!バルコニーに水溜まりが出来る原因とは?!

先日、自宅にて「バルコニーに水溜まりが出来てる!」と妻から話がありました。 このような事象が起こった場合に気になる方も多いと思いますの…

ページ上部へ戻る