不動産取引ガイド

  1. お住まいの家は耐震化されていますか?

    近い将来、高い確率で発生が予想されている大規模地震。被害を最小限にするために、できる限りの備えをしておくことが大切です。住宅の耐震化は、地震から命と財産を守るた…

  2. 住宅ローンの「繰り上げ返済」、 注意点をご存知ですか?!

    欧米の利上げをきっかけに金利の動向への関心が高まっているようです。本来であれば、日本も利上げに踏み切る事が予想されましたが、日本銀行の黒田総裁は当面の利上げは無…

  3. 快適なリビングの広さ

    家族が集まるリビングは、広々とした居心地のいい空間にしたいものです。しかし、自分たち家族にとって快適なリビングとは一体どのくらいの広さが必要なのでしょうか?…

  4. 災害の備えとしての「思い出の保存」について

    台風や豪雨、津波などの自然災害の際、逃げ遅れて被災する痛ましい事例が発生しています。避難が遅れる理由の一つとして、避難中に自宅が被災した場合、家に残る財産ができ…

  5. 国民年金の「納付期間45年へ延長」住宅購入を消費ではなく未来への貯金に代える方法

    政府が国民年金の保険料の納付期間を20歳から65歳までの45年間に延長する検討に入った、というニュースが話題になっています。少し前の「老後資金2000万円問…

  6. 不動産購入前に知っておきたい『離婚』後の不動産について

    3組に1組の夫婦が離婚するといわれています。個人的にはそんなに離婚が多いのかと思いますが、、、。新型コロナウイルスの感染拡大による経済的な問題から踏み切れないケ…

  7. サステナブルな未来につながるコンセプト住宅

    サスティナブル(英:Sustainable)とは、直訳すると「維持できる」「耐える」などの意味を持つ形容詞です。ただし、近年では「持続可能な」という意味で捉…

  8. 修繕積立金はなぜ値上りするのか?

    マンションを購入すると管理費と修繕積立金の支払いが発生します。今回は、その中でも修繕積立金がなぜ上がっていくのかについてお伝えします。修繕積立金は、均等…

  9. 2022年10月度の不動産相場

    公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2022 年10月度の不動産流通市場動向が発表されました。■首都圏地域別中古マンション成約件数…

  10. まず初めにリノベーション物件を内見しましょう

    中古物件の売却の際にリフォームを行っている物件を一般にリノベーション物件とかリノベ物件などと呼びます。中古住宅の問題点は築年に応じた劣化や元の売主の生活感が…

  1. 不動産取引ガイド

    空地・空き家対策の起爆剤?小規模不動産特定共同事業について
  2. 不動産取引ガイド

    騒音トラブルを未然に防ぐ 簡易的な対策方法
  3. 不動産取引ガイド

    実際に住んで感じた旗竿地のメリットとデメリット
  4. 不動産取引ガイド

    自宅売却、購入価格との差は平均923万円?!
  5. 不動産取引ガイド

    相続登記が無料になります!
PAGE TOP