1. 不動産取引ガイド

    家づくり用語編(間取り)

    住宅雑誌や販売図面の間取りに何やら聞きなれない部屋名が増えて来ている為、気になる用語やよく使うもをご紹介します。□間取り編・DEN(デン)書斎や趣味を楽しむための小部屋の事。・ユーティリティ家事をスムーズに行う為にキッチンなどに隣接して設けられた作業部屋。・小屋裏一階または二階のやねとの間にできた空間の事。※空間の高さが1.4m以下、…

  2. 不動産取引ガイド

    生活スタイルで変わる希望の間取り

    テレワークの浸透により、郊外への居住希望者が増えたというのは最近良く聞く住まい探しの流れとなってきました。「狭くても良いから書斎が欲しい」、「家にいる時…

  3. 不動産取引ガイド

    火災保険の基礎知識 知っておきたいポイント(その4)

    地震保険の基礎地震保険金額は、火災保険の50%いずれの火災保険も「地震・噴火・津波」による被害は対象外となります。地震の補償を準備したいときには、火…

  4. お金・ローン・税金

    はじめての住宅ローンはフラット35がお勧めです

    不動産業界に長い人は、初めて住宅購入をされるお客様に、「住宅購入時には3つの大きな買い物をする」という説明をすることが良くあります。一つ目は住宅です。二…

  5. 不動産取引ガイド

    登記簿上の所有者不明土地が九州本島より広い事をご存知ですか?!

    ■現在の所有者不明土地はどれくらいの大きさなのか?!九州本島より広い?!結論から言うと、所有者不明土地は九州本島の面積を上回るそうです。そもそも所有…

  6. 不動産取引ガイド

    廊下のない家

    コロナ禍により住宅の間取りに変化が出てきました。テレワークが増えたことで、住戸内に仕事スペースを設けるケースが増えたのもそのひとつです。最近のマンション…

  7. 不動産取引ガイド

    契約時に注意したい売主の意思能力

    不動産を売却する理由についてはいくつかのパターンがあります。転勤、住み替え、離婚など色々ありますが、最近は、「高齢になり施設へ入居するため」というケース…

  8. 不動産取引ガイド

    耐震改修済み物件はお得なのか

    中古物件を検討する際にどうしても気になる「耐震性」。築年数が古い物件は耐震性が確保されていないと、住宅ローン減税のような各種補助制度が利用できません。な…

  9. 不動産取引ガイド

    火災保険の基礎知識 知っておきたいポイント(その3)

    火災保険の選び方、地震保険はどう考える?火災保険の保険金額は、原則として住宅を新たに立て直すのに必要な金額(『再調達価格』)で設定します。再調達価格は、一戸…

  10. 不動産取引ガイド

    自宅の売買や買い替えの場合、路線価を0.8で割ると時価の目安になる?!

    国税庁は2021年7月1日、土地の相続税の算定基準となる路線価を発表しました。https://www.rosenka.nta.go.jp/■ ちなみに路…

  1. 不動産取引ガイド

    2017 年7 月度の不動産相場
  2. 不動産取引ガイド

    検討不動産が、都市計画道路にあった場合の注意点
  3. 不動産取引ガイド

    非接触売買契約が完了「IT重説+電子契約」
  4. 不動産取引ガイド

    「本気の街づくり」を目指した豊島区!
  5. 不動産取引ガイド

    部屋を間仕切る方法
PAGE TOP