相続

  1. 住まいを購入したら考える「配偶者居住権」という制度

    令和2年の民法改正により創設された制度の一つが「配偶者居住権」というものです。これは、相続が発生した場合に、配偶者は自宅にそのまま住み続けることができる…

  2. 不動産を捨てる!空地・空き家問題の解決に向けて

    先日、「所有者不明土地等対策の推進のための関係閣僚会議」が開催されました。同会議では、「所有者不明土地等対策の新たな基本方針と工程表が決定」されました。…

  3. 空き家運用の実態を探る

    全国の空き家率の増加が問題となっていますが、国や自治体、様々な企業がその解決方法を模索しています。空き家問題の根底にある課題のひとつは、空き家の資産性です。…

  4. 実家の空き家を相続してしまったら!?流動性の低い、農地で廃墟の処分方法

    最近、ご相談を受けたのが、関東近県の築40年の空き家のご売却です。最寄りの駅からはとても徒歩で行ける距離でもなく、建物自体も老朽化して住める状況ではありませ…

  5. 親からの住宅資金援助 贈与税はかかるのか?

    住宅を購入する際に、親からの資金援助を受けて購入されるお客様が増えています。通常、1年間あたり110万を超える生前贈与には贈与税が課税されます。しかし、…

  6. 問題です!!~連帯債務について~

    【問題】A・B・Cはお金を1人400万円ずつ負担して、Kから伊豆の別荘を買うことにしました。契約では、売主は買主のうち誰に対しても全額請求できるという特…

  7. 相続手続きが簡単になる!?改正戸籍法が成立しました

    不動産を所有している方につきまとう悩みの一つが相続手続きです。不動産の相続による名義の変更はとても複雑で、必要な書類も多いことが悩みの種でした。ところが…

  8. 不動産の放棄制度を整備!?

    先日の「相続登記義務化を検討」に引き続き、政府は「不動産の放棄制度」の法整備を検討しているようです。現在の法律では、「イチかゼロか」ということで、相続が…

  9. 政府が相続登記の義務化を検討!?

    先日、「政府が相続登記の義務化を検討」というニュースが報じられました。最近では、「空地、空き家問題」という話題をお聞きになったことがある方も多いかと思い…

  10. 二世帯住宅を建てる時に間取りよりも前に考えなければならない事とは?

    二世帯住宅を建てるとき、親世帯と子世帯の両方が快適に暮らすにはどのような間取りにするのかということは詳細に検討される事かと思います。しかし、二世帯住宅を…

  1. 不動産取引ガイド

    耐震基準適合証明書と住宅ローン減税 【築20年以内の木造住宅の場合】
  2. 不動産取引ガイド

    人口が減少し、加速する空き家について
  3. 不動産取引ガイド

    減税措置の期限切れ間近!土地取引コストが770億円上昇も!?
  4. 不動産取引ガイド

    公示地価、8年ぶり上昇 大都市の商業地で伸びましたが・・・?!
  5. リニュアル仲介通信

    いよいよ始まる安心R住宅
PAGE TOP