契約関係

  1. 共有状態の不動産を分割する方法

    例えば相続などにより不動産を取得した場合、複数の相続人で不動産を共有していることもあるかと思います。不動産については、お金や動産と違い、簡単に分割するこ…

  2. 人の死と宅地建物取引業者の告知義務

    いわゆる「事故物件」と呼ばれる、人の死が関連している不動産は、市場に多く存在します。そもそもの売却理由が、「相続が発生したため」というケースでは、もちろ…

  3. 不動産トラブルと「事故物件」

    不動産購入や賃貸を検討されている場合、「事故物件」という言葉をお聞きになったことがあるかもしれません。火事や事故・自殺などが発生したことのある不動産などが「…

  4. 中古戸建 建物未登記部分がある場合の注意点

    中古戸建は、これまでの所有者が建物を増築していることがあります。増築とは、建物の面積が増える工事ですが、当然ながら建物の形状も変わります。増築したならば、そ…

  5. 公簿売買と実測売買の違い

    土地の売買における売買対象面積は、売買代金を決定する上で、重要な意味を持ちます。「公簿売買」による場合と「実測売買」による場合、それぞれの違いについて理解し…

  6. 不動産用語解説。「セットバック」とは?

    戸建てや土地の販売チラシに「セットバック」という記載があった場合、気を付けることはなんでしょうか。建築基準法では、原則として、前面道路の幅員が4m以上ない場…

  7. 「家庭裁判所の許可」が必要な不動産取引

    今回、販売チラシに「家庭裁判所の許可が必要」という記載がありました。不動産取引で家庭裁判所の許可が必要なケースとは、どういった場合でしょうか。不…

  8. 売買契約直後の台風被害

    昨年の台風は、もの凄い風でした。四谷の街路樹が折れてしまったというニュースも耳にしました。当然、あの台風の日、売買契約をなさった方もいるのです.…

  9. 幹線道路沿いは避けてたはずなのに...

    大通り沿いの物件は、騒音を嫌って検討から外す方も多くいらっしゃいます。街は変化し続けていますので、買うときは大通りがなかったのに、住み始めてから数年経過…

  10. よくある間違い。新耐震のつもりが旧耐震だった!

    よく耳にする「新耐震基準・旧耐震基準」。この法律の境目を正確に判定する方法をご存知でしょうか?建築基準法は昭和56年6月に変わっているのは、ご存…

  1. お金・ローン・税金

    住宅ローン利用者の実態調査
  2. お金・ローン・税金

    トイレは10年ほどで故障や不具合が出てくる?!最近のトイレ事情とは?!
  3. 不動産取引ガイド

    「相続」案件が「争族」となり、過料が発生するケースもある?!
  4. 不動産取引ガイド

    マイホーム購入はコロナで変わったのか?
  5. 不動産取引ガイド

    既存住宅状況調査技術者をご存知ですか?!インスペクションのご相談はリニュアル仲介…
PAGE TOP