住宅ローン審査

  1. 自己資金の割合が大きいほど金利優遇?

    住宅ローンの本審査になると、本人だけではなく、購入する物件自体の評価も行われます。なぜなら銀行は、購入する物件を担保にして(抵当に入れて)その資金を貸すから…

  2. 変動金利への抵抗感が薄れている?

    昨今の住宅ローン、低金利に慣れ親しんだ環境が変動金利に対する抵抗感を少なくしています。住宅金融支援機構の住宅ローン実態調査(住宅ローン利用者調査)によると、…

  3. 住宅ローンの事前審査は何故大切なのか?

    住宅購入検討者にとって、ローンの事前審査は、住宅購入をしていく上で、かなり重要なステップです。住宅購入までには、重要なステップがいくつありますが、ローンの事…

  4. 住宅ローンについて 素朴な疑問にお答えします

    本部エージェントの中田です。今回は、日頃住宅購入者から、「住宅ローン」についてよく頂く質問をまとめてみました。今後の参考にしてください。自己資金…

  5. 大手銀行 2月の住宅ローン金利引き下げ

    1月に続いて、2月も大手銀行をはじめ金融機関が住宅ローン金利を引き下げ始めた!その背景には、1. 1月30日米連邦準備委員会(FRB)が利上げシナリオの…

  6. 実質定年から逆算する ローンの安全な借入れ時期

    現在、ほとんどの企業の定年は60歳になっています。ただし再雇用制度があり、会社側には社員が希望すれば65歳まで雇用義務が発生する。つまり現在の制度上は、実質定年…

  7. 住宅ローンの種類ってたくさんあってわかりませんよね?

    住宅ローンを組む際に、どれを選べば良いか事前に調べておくと良いと思います。住宅ローンには、住宅金融支援機構など公的金融機関が資金を融資する公的住宅ローン…

  8. 再建築不可物件は本当にお得なのか?

    とあるテレビ番組でタレントが中古物件を購入してDIYリフォームするという企画があります。その番組であたかもお買い得物件のように紹介されていたのが再建築不可物…

  9. 住宅ローンを組まれている方は必見。借り換えしない理由がない!!

    民間住宅ローンから融資を受けている方で、2015年11月から2016年3月に借り換えをした人に調査した結果、返済期間が短縮された方が全体の65.6%、毎月の返済…

  10. 中古住宅購入時の住宅ローン減税~早めの手続きが失敗しない最大の対策~

    早いもので新年度がスタートしました。こういう仕事を行っているので、4月になると気になるのが各種制度のルール変更や、新しい制度の創設です。多くの方が住…

  1. 不動産取引ガイド

    第一種低層住居専用地域に病院・店舗を作れる時代へ 規制緩和により、高齢者に配慮し…
  2. 不動産取引ガイド

    敷地境界にブロック塀がある場合の注意点(その①)
  3. リニュアル仲介通信

    土地価格の相場を知る方法
  4. 不動産取引ガイド

    耐震改修済み物件は【お買い得】なのか?
  5. 不動産取引ガイド

    街路樹のコンパクト化が進む?!不動産も駅チカ・利便の良い場所に集約される?!
PAGE TOP