購入

  1. 土地所有者の特定が円滑になる!?

    昨今話題になっている、空地・空き家問題を解消するための方策として、「地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律案」が可…

  2. 借地権のメリット・デメリット

    不動産広告を見ていて、思わず「安いな」と感じる物件があるかもしれません。一般的に、相場より安い物件があった場合は、「再建築不可」や「事故物件」など、何か…

  3. マンションの敷地の権利~定期借地の場合~

    マンション購入の場合に注意すべきポイントにはいくつかありますが、そのうちの一つは敷地の利用権です。オーソドックスなケースは「所有権」ですが、中には敷地利…

  4. 登記の住所変更をお忘れなく

    所有者不明土地解消の一環として、登記の住所変更登記が義務化されます。登記義務違反には、5万円の罰金が設けられるようです。住所変更登記の必要書類…

  5. 民法改正(成人年齢変更)と不動産取引

    2022年は改正民法が施行され、成人年齢が20歳から18歳に引き下げられます。この改正に伴う、不動産取引における注意点を整理してみました。18歳から…

  6. 不動産会社について

    一般的に住宅購入するのは、人生に数回ですが、施工・建築、販売、仲介を行う不動産会社は毎年数多くの物件を取引している専門知識を有したプロフェッショナルです。後…

  7. 窓を工夫して、光と風を取り入れる

    採光の大切さやポイント,役割を調べました。日差しが入るということは、ただ部屋が明るくなるだけではありません。湿気が減って室内環境が良くなる、照明をつける…

  8. 中古住宅購入時の確認ポイント

    中古住宅を購入するにあたっては、価格だけでなく、税制や欠陥保証など新築住宅とは異なる様々な制度の違いを考慮しなければなりません。■中古住宅と新築住宅の税制比…

  9. 実家の空き家問題

    実家をでて自分たちの家を持ち子育ても一段落するころには相続で実家の今後を考えなければならない時期がきます。空き家をそのままにする理由アンケートによると以下の…

  10. 住所変更登記の義務化について

    先日、相続登記が義務化されるという記事を作成しましたが、同じように住所変更登記も義務化がされる予定です。法律自体は成立しており、施行日を2024年で調整…

  1. お金・ローン・税金

    『やはり、不動産は立地!』
  2. 不動産取引ガイド

    住宅購入後に賃貸不動産の購入を考えている方はご注意下さい!
  3. 不動産取引ガイド

    古家付き土地物件の解体費用の目安は?!
  4. お金・ローン・税金

    不動産の所有権放棄はできない?!
  5. リニュアル仲介通信

    価格の妥当性を収益還元法で簡単にチェックできます
PAGE TOP