購入

  1. マンションを長寿命化するための施策とは?

    旧耐震基準で建築されたマンションや、そうでなくても築年数の経過したマンションなど、その管理や維持に高いコストと多くの手間がかかってしまうケースがあります。…

  2. 廊下のない家

    コロナ禍により住宅の間取りに変化が出てきました。テレワークが増えたことで、住戸内に仕事スペースを設けるケースが増えたのもそのひとつです。最近のマンション…

  3. 土地の種類に要注意

    購入する土地の種類について注意が必要なケースがあります。登記された土地の種類「地目」に注目購入しようと思った物件が決まったら、登記の「地目」も確…

  4. 見つけたら注意したい仮登記

    お住まいの重要事項説明を受ける際に注意すべきチェックポイント解説、今回は仮登記についてです。普通の登記ではない「仮登記」の意味不動産を購入して所…

  5. 不動産は、感情で決めて、理性で納得させる傾向が強い

    マイホーム購入プロセスでは、「こういう家に住みたい」という感情と「価格や支払いをこれ以下にしたい」という合理性では、感情の方に優位性があり、感情が「主」で合…

  6. 土地の利用を制限する地役権

    お住まいの重要事項説明を受ける際に注意すべきチェックポイント解説、今回は地役権についてです。他人の土地を通行する地役権賃借権や地上権と同じように、土地所…

  7. スマートシティ実例の紹介

    スマートシティとは、 国土交通省は「都市が抱える諸問題に対して、ICT等の新技術を活用しつつ、マネジメント(計画・整備・管理・運営)が行われ、全体最適化が図られ…

  8. 賃借権と地上権の違い

    お住まいの重要事項説明を受ける際に注意すべきチェックポイント解説、今回は借地についてです。借地の種類についても注意しましょう土地の権利が「借地」になって…

  9. マンションだって過度な重さは耐えられない!

    最近、アメリカのフロリダ州のマンションの一部が崩壊した事故がありました。どんなにしっかりとしたマンションでも設計の段階で使用される部屋の用途にあわせその…

  10. テレワーク可能な部屋探しのテクニック

    最近のお住まい探しでよく聞くご希望は、「テレワーク用の部屋が欲しい」「小さくてもいいから書斎があれば」といった部屋数に関する条件が多くなっている気がします。…

  1. 欠陥・トラブル

    相続した不動産の上手な売り方
  2. 不動産取引ガイド

    耐震改修済みの旧耐震マンションを内見!
  3. 不動産取引ガイド

    火災保険の家財はいくらの設定が良い?
  4. マンション

    築23年の物件ながらも最小限のリフォームでまるで新築のような仕上がりに
  5. 不動産取引ガイド

    ペットと暮らす不動産購入!おすすめリフォーム方法について
PAGE TOP