欠陥・トラブル

  1. 押し寄せる物価高の波 顕在化する管理費・修繕積立金問題

    食料品の値上げや電気料金の値上げなど、家計に影響を及ぼすニュースが相次いでいます。対する賃上げについてはようやく始まったものの、まだまだ物価高騰には追いついてい…

  2. 販売図面に記載の用途地域や都市計画法とは何かご存知ですか?

    販売図面に記載されている用途地域や都市計画の文言について用途地域とは?用途地域とは都市の環境保全や利便の増進のために、地域・容積・形態について制限を定め…

  3. 共有状態の不動産を分割する方法

    例えば相続などにより不動産を取得した場合、複数の相続人で不動産を共有していることもあるかと思います。不動産については、お金や動産と違い、簡単に分割するこ…

  4. 人の死と宅地建物取引業者の告知義務

    いわゆる「事故物件」と呼ばれる、人の死が関連している不動産は、市場に多く存在します。そもそもの売却理由が、「相続が発生したため」というケースでは、もちろ…

  5. マンションだって過度な重さは耐えられない!

    最近、アメリカのフロリダ州のマンションの一部が崩壊した事故がありました。どんなにしっかりとしたマンションでも設計の段階で使用される部屋の用途にあわせその…

  6. ヴィンテージマンションの価値とは?

    ■ヴィンテージマンションの意味ヴィンテージマンションという広告キャッチコピーがあります。主に資産価値の観点から、経年によって価値を増す優良なマンションを…

  7. 不全浮遊の限界マンション

    不全浮遊の限界マンションとは建物自体が寿命を迎えたマンションや、空室が増加して運営管理が困難になったマンションを指します。◆一般的にマンションの寿命は…

  8. 地震の備えはされてますか??

    首都圏の直下地震に備える為に、政府は報告書を発表しており、その中で地震発生メカニズムとして下記の6つの地震を挙げております。①地殻内の浅い地震②フィ…

  9. 住まいを購入したら考える「配偶者居住権」という制度

    令和2年の民法改正により創設された制度の一つが「配偶者居住権」というものです。これは、相続が発生した場合に、配偶者は自宅にそのまま住み続けることができる…

  10. FPシリーズ1シングル女性のマンション購入

    雑誌の記事で役に立ちそうな情報がありましたのでご紹介したいと思います。タイトルは「シングル女性、結婚は未定、マンションを買っても大丈夫?」とありました。…

  1. 不動産取引ガイド

    太陽光発電コスト安価に!
  2. お金・ローン・税金

    史上空前の低金利で“もはや逆ザヤ状態”住宅ローンは借りた方が得!?
  3. 不動産取引ガイド

    フラット35での他のプランもご紹介
  4. 不動産取引ガイド

    中古住宅購入時のリフォームは建築士事務所登録のあるリフォーム会社へ任せましょう
  5. 不動産取引ガイド

    マンション名から時代を読み解く?!
PAGE TOP