マンション

  1. マンションだって過度な重さは耐えられない!

    最近、アメリカのフロリダ州のマンションの一部が崩壊した事故がありました。どんなにしっかりとしたマンションでも設計の段階で使用される部屋の用途にあわせその…

  2. ヴィンテージマンションの価値とは?

    ■ヴィンテージマンションの意味ヴィンテージマンションという広告キャッチコピーがあります。主に資産価値の観点から、経年によって価値を増す優良なマンションを…

  3. 不全浮遊の限界マンション

    不全浮遊の限界マンションとは建物自体が寿命を迎えたマンションや、空室が増加して運営管理が困難になったマンションを指します。◆一般的にマンションの寿命は…

  4. 耐震診断の義務化対策道沿い旧耐震マンションについて

    耐震診断の義務化対象道路とは?災害発生時に、被災者の避難や救急活動等を円滑に行うための路線を緊急輸送道路と言います。その緊急輸送道路のうち、特に重要な緊…

  5. 「タワマン・クライシス(タワーマンションの危機)」!?

    タワマン・クライシス(タワーマンションの危機)と言うタイトルの記事を見つけましたのでご紹介いたします。マンションには大規模修繕がありますが大規模修繕費用のた…

  6. 古いマンションは今後どうなっていく?

    あなたは、古いマンションを購入したら今後どうなるんだろうと考えたことはありませんか?聞かれることも多いので、本日は、「マンション建て替え問題」についてお話し…

  7. マンションの財務状況の調べ方

    中古マンションの良し悪しを判断する際には、下記の4つが大きなポイントとなります。部屋が綺麗、汚いというのは、リフォームすれば綺麗になりますし、ご自身の予…

  8. 自分の住む不動産は『資産』のはずなのに・・・。皆様は修繕積立金の目安はいくらかを把握していますか?

    マンションの修繕工事に使う財源が不足する懸念が強まっています。所有者が払う修繕積立金の水準を日本経済新聞が調べたところ、全国の物件の75%が国の目安を下…

  9. マンションの修繕積立金、75%が足りず 高齢化により増額が難しい?!

    2018年3月27日日本経済新聞の朝刊に表題の記事が出ていました。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO285777…

  10. 既存マンションが突然違法建築マンションに!?

    2020年に向けて品川駅と田町駅の間に新駅が予定されています。そのために新しいマンションの建設がはじまっていますがなぜ既存マンションが突然、違法建築マン…

  1. 不動産取引ガイド

    不動産会社に売却相談はしにくい?!皆様の大切な不動産を『売却エージェント or …
  2. 不動産取引ガイド

    耐震基準がいくつもある!~建築基準法と耐震診断~
  3. 不動産取引ガイド

    意外な住まいの常識?!
  4. 不動産取引ガイド

    「負」動産の恐怖
  5. 不動産取引ガイド

    見落としがちな表示変更登記
PAGE TOP