© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

「建物状況調査」を使いこなせる不動産業者を選びましょう!平成30年度法改正で大きく変わる中古住宅取引

2017年12月1日に開催された、公益社団法人 全国宅地建物取引業協会連合会(略称:全宅連)主催の平成29年度不動産実務セミナーに参加してまいりました。全国66カ所で一斉に開催される不動産事業者向けのセミナー(講義映像)で、私達は東京新宿会場に参加してきましたが、会場は満席の状態。関係者の関心の高さがうかがえました。

セミナーは下記二部構成。

(詳細は文末のリンク参照)

「第1部 既存住宅取引についての宅建業法改正の要点と実務上の留意点」

「第2部 既存住宅売買の物件調査を巡るトラブル事例と未然防止のポイント」

特に第1部は、2018年度(平成30年度)から施行される改正宅建業法に焦点をあて、法改正によって、普段行なっている実務がどのように変化するのかをドラマ仕立てのVTRで説明しており、大変分かりやすく、勉強になる内容でした。

一番のポイントは、「建物状況調査(※)」と「既存住宅売買瑕疵(かし)保険」で、不動産取引のどのタイミングで、どのように消費者に対して情報提供を行なうのか。また、それに付随してどのような業務や責任、トラブル等が生じる可能性があるのかなどを、具体的に説明していました。来年度からは、既存住宅の取引が、ますます安心になりそうですね。

※「既存住宅状況調査技術者」の資格を有する建築士が行なう、建物の調査。既存住宅とは、簡単に言えば中古住宅のこと。

少し宣伝になりますが、私達リニュアル仲介は、いまを溯ること7年前の2010年から、「既存住宅売買瑕疵(かし)保険」や「建築士による建物調査」を不動産取引のなかに取り入れ、お客様に対して、必ずご案内することを続けてきました。手前みそではありますが、私達には、圧倒的な経験と知識がございますので、安心して不動産取引をなさりたい方は、是非ご相談ください!

余談になりますが、セミナー資料として配られた「家本(いえほん)2017年度版」の最終ページには、私達「リニュアル仲介」と、私達が運営事務局を行なっている「首都圏既存住宅流通推進協議会」が紹介されていました!

以上、リニュアル仲介本部パイロット店 エージェントの石川でした!

◆全宅連 平成29年度不動産実務セミナー

平成29年度不動産実務セミナー

***************************************************

■不動産の資産価値を即座に判断

セルフインスペクションアプリ「SelFin」

https://self-in.com/ (ご利用は無料です)

■資産となる家を真剣に考えるセミナー

http://www.rchukai.com/#!seminar/c1vy0

***************************************************

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

住宅関連ニュースも鵜呑みにしてはいけません

情報があふれかえる状況で、その内容を鵜呑みにしてはいけない、というのは「言われなくてもわかってるよ!」ということなのでしょう。ただ、あまりに…

一建築物一敷地の原則とは…

この意味は建築基準法施行令第1条の用語の定義で、 「敷地とは 一の建築物又は用途上不可分の関係にある二以上の建築物のある一団の土地をいう」…

実測売買と公簿売買の違い

土地の登記記録にはそれぞれの土地面積が記載されているものの、その面積と実際の面積が異なるために、トラブルへと発展することがあります。 …

相続時の不動産名義変更について

この度、相続の関係で不動産の名義変更を行う事になり、いろいろ手続きで不明な点等もありましたので、不動産を遺産相続する場合の名義変更について書…

2018 年6月度の不動産相場

公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2018 年6月度の不動産流通市場動向が発表されました。以下、首都圏エリアの中…

ページ上部へ戻る