© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

フラットのお申込みはお早めに!

全期間固定のフラット35の金利優遇が、年明け1月末受付分をもって終了となります!

まずは金利優遇をおさらい…

「フラット35S」→「優良住宅支援制度」

自宅を、以下の4つの項目に於いて、規定基準を満たしている「優良住宅」にすることに対して優遇される制度です。

・省エネルギー性
・耐震性
・バリアフリー性
・耐久性/可変性

例えば、バリアフリー性を満たすには、お風呂場に手すりを設置したり…といった軽微な工事でもOKです。
これによって受けられる金利優遇は…
当初5年間(満たす基準によっては10年間)実行月の基準金利からマイナス0.6%になります!
この優遇期間が終わってしまうと、引き下げ幅は0.3%へ。

どのくらい差が出るかというと…
借入金額3,000万円だと、月返済で約5,000円、
総支払額で約50万円の差が出ます。

1月中受付分が対象になりますので、1月の最終営業日の1月29日までに取扱金融機関に必要書類を届ける必要があります。

不足書類があると、受付にならないケースもありますので、ぜひお早めに、具体的なお話しがない場合もご相談くださいね。

リニュアル仲介ローン担当でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

IT重説が仮スタート!不動産取引のIT化は加速するのか?

令和1年10月1日より、ITを活用した不動産売買に係る重要事項説明等の社会実験がスタートしました。 不動産取引において欠かせない重要事…

2019 年9月度の不動産相場

公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2019 年9月度の不動産流通市場動向が発表されました。以下、首都圏エリアの中…

中古住宅購入時の「畳の張り替え」について

最近、中古住宅購入時に畳を望む方が増えているようです。ブームの再燃でしょうか? その為、本日は『中古住宅購入時の畳の張り替え』と題して…

駅・線路の地下化。不動産にはどのように影響するのか?

近年、駅・線路を地下化とする動きをニュースで見るかと思います。 最近ニュースとなっているのは小田急線下北駅ではないでしょうか。 …

今後の住宅ローンの金利はどうなる?

住宅金融支援機構が提供する「フラット35」の金利は、21016年マイナス金利導入後の8月から去年2018年の11月に向けて緩やかに金利は上昇…

ページ上部へ戻る