© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

フラットのお申込みはお早めに!

全期間固定のフラット35の金利優遇が、年明け1月末受付分をもって終了となります!

まずは金利優遇をおさらい…

「フラット35S」→「優良住宅支援制度」

自宅を、以下の4つの項目に於いて、規定基準を満たしている「優良住宅」にすることに対して優遇される制度です。

・省エネルギー性
・耐震性
・バリアフリー性
・耐久性/可変性

例えば、バリアフリー性を満たすには、お風呂場に手すりを設置したり…といった軽微な工事でもOKです。
これによって受けられる金利優遇は…
当初5年間(満たす基準によっては10年間)実行月の基準金利からマイナス0.6%になります!
この優遇期間が終わってしまうと、引き下げ幅は0.3%へ。

どのくらい差が出るかというと…
借入金額3,000万円だと、月返済で約5,000円、
総支払額で約50万円の差が出ます。

1月中受付分が対象になりますので、1月の最終営業日の1月29日までに取扱金融機関に必要書類を届ける必要があります。

不足書類があると、受付にならないケースもありますので、ぜひお早めに、具体的なお話しがない場合もご相談くださいね。

リニュアル仲介ローン担当でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

住宅は一生の買い物でなく、家族構成に応じて買い替えるべし

誰しも30年、40年先の日本がどうなっているか、そんなことは誰にもわからない。 だから、そんな先のことを悩んでも仕方がない。 自宅購入に…

中古を買ってフルリフォーム?!リフォーム前に把握しておきたい大切なこと!

最近、新築資材の高騰の影響か、中古の家を買ってリフォームしたいという方が増えているようです。 その中でもフルリフォーム(スケルトンリフォー…

不動産屋の言うことを鵜呑みにしてはいけません~住宅ローン減税編~

耐震基準適合証明書に関する情報提供を行っている関係で、他社での取引なのですが住宅ローン減税に困った消費者が、ホームページからお問い合わせされ…

介護を考えたリフォーム

私にはは80歳を超えた両親がいます。 現在は同居はしておらず、両親は二人暮らしです。 まだ二人とも持病はあるものの自分のことは自分で…

人口が減った自治体ランキング

東洋経済に面白い記事が掲載されていました。 この3年「特に人口が減った」自治体ランキング ~山間部の自治体では人口減少が顕著に~ …

ページ上部へ戻る