不動産取引ガイド

希少性が価値を生む?!ハイクラス住宅と言われる億超えマンションの特徴とは?!

最近は都筑区の杭問題から、マンションの安全性が問われていますが・・・。

さて、今回は都心に多い、ハイクラス住宅である億超えのマンションについてご紹介したいと思います。都心では億超のマンションが増えていますが、注目すべきポイントは品質だけでなく、資産性が高いことです。

 

ちなみにリクルートの「都心に住む」という雑誌を見てみますと、1億円以上の住戸は、1億円未満の住戸よりも価格維持率が高いようです。

その理由としては、希少性が高いからという事であり、最近では地価や建築コストの上昇を受けて1億円超の新築マンション供給戸数は増えつつありますが、それでも供給シェアは4%と圧倒的に少ないからです。

ちなみに都心13区で2003年8月~2006年7月の3年間に販売された物件が、2014年8月~2015年7月の1年間に中古マンションとして流通した時、下記のような結果が出たようです。

1億円未満の物件は108.4%、1億円以上は116.8%で取引がされているようです。

また、最近では駅前に億超のタワーマンションが目立っており、その周辺の商業施設が増えて資産価値の上昇にもつながっているようです。

また面白いデータとしてエリア別に供給戸数をみると、港区、千代田区、渋谷区が億を超えるマンションが多い区トップ3のようです。ちなみに2010年8月~2015年7月の5年間の分譲価格1億円以上の新築マンション戸数は下記のとおりです。

 

順位 エリア    供給戸数   平均価格(万円)  平均専有面積(㎡)

1位 港区      1712戸      16,414       99.30

2位 千代田区     706戸             14,163       91.41

3位 渋谷区      704戸       14,414       99.02

4位 品川区      540戸       14,459                 86.00

5位 中央区      314戸        12,593       96.74

6位 新宿区            229戸        12,426       96.36

7位 世田谷区     192戸        13,214       99.56

8位 文京区      170戸        12,288       92.76

9位 目黒区       98戸           12,470               103.77

10位 杉並区       97戸             14,961       120.63

 

私には高嶺の花となる億超のマンションですが、資産価値の高い物件が多いことは間違いないと思います。

「都心に住む」という考えは、資産価値の維持において重要です。住宅購入の参考にお役立てください。

法人営業部 犬木

———————————————–

「資産となる不動産を真剣に考えるセミナー」

・マーケットを知る
・資産性とは何か
・リスクを考える
・減税・補助金
・私達ができること

↓ 詳細はコチラ ↓
http://www.rchukai.com/#!seminar/c1vy0
11月21日(土)12月19日(土)

———————————————–

ピックアップ記事

  1. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  2. 土地価格の相場を知る方法
  3. 買ってはいけない物件を自分でチェック
  4. 立地適正化計画をご存知ですか?
  5. 危険な場所は 地形図で見分ける

関連記事

  1. 不動産取引ガイド

    奇抜な建築物は許される?許されない?~景観法~

    不動産取引の関係法令第2弾、「景観法」についてのご説明です。こ…

  2. 不動産取引ガイド

    海外赴任者 帰任に備えた日本の家探し 7 【事前準備~売買契約締結 編 5/9】

    前回に引き続き「STEP 4 『商談開始(=買付申込)から売買契約締結…

  3. 不動産取引ガイド

    情報の積極公開とフェアな取引で、中古住宅がますます買いやすくなります!

    「中古住宅よりも新築の方が安心だから...」確かにそうかもしれ…

  4. 不動産取引ガイド

    国土交通省「防災ポータル」開設!2020年東京オリンピック開催期間中の地震発生も想定。

    国土交通省は、東京オリンピックで訪日外国人が増えることが予測されている…

  5. 不動産取引ガイド

    お住い探しは長期化の傾向に!?氾濫するネット情報との向き合い方

    不動産情報サイト事業者連絡協議会(RSC)は、「不動産情報サイト利用者…

  6. 不動産取引ガイド

    人工知能(AI)を活用した住宅査定!地価算出データを公開?!

    不動産購入時に消費者が抱える問題として、「対象住宅の性能が不安」…

  1. 不動産取引ガイド

    「ニュータウンの将来やばい説」その街は生き残るのか?
  2. 不動産取引ガイド

    物件探しの初期段階で行うべき、住宅ローン事前審査について!審査のタイミングをご存…
  3. 不動産取引ガイド

    中古住宅購入時の「畳の張り替え」について
  4. 不動産取引ガイド

    自宅に居ながら不動産売却査定(AI評価)!『全国マンションデータベース』を活用し…
  5. 不動産取引ガイド

    地震保険の仕組み
PAGE TOP