© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

梅雨入り間近!この季節だからできる、土砂災害リスクを確認しておきましょう!

今回は、「気象庁『土砂災害警戒判定メッシュ情報』」をご紹介いたします。土砂災害警戒判定メッシュ情報は、土砂災害警戒情報及び大雨警報等を補足する情報で、5km四方の領域(メッシュ)ごとに土砂災害発生の危険度を5段階に判定した結果を10分単位で確認することができます。お住まい探しをされているエリアが起伏のある地域なのであれば、大雨が降った時にどのような状況になるのかを、このサイトで確認してみるようにしましょう。高台にあるお家は、天気が良い時にはとてもいい気持ちですが、大雨の時には危険な場所になるかもしれません。自然災害を受けてしまえば、住宅の資産価値は一気になくなってしまいますので、このような情報も仕入れておくようにしましょう。

◆気象庁『土砂災害警戒判定メッシュ情報』

http://www.jma.go.jp/jp/doshamesh/

リニュアル仲介ではこのようなことについても積極的に情報をご提供しております。住宅購入を検討の方は是非ご相談下さい。以上、リニュアル仲介本部パイロット店 エージェント石川でした。

***************************************************

■不動産の資産価値を即座に判断

セルフインスペクションアプリ「SelFin」

https://self-in.com/ (ご利用は無料です)
■資産となる家を真剣に考えるセミナー

http://www.rchukai.com/#!seminar/c1vy0

***************************************************

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2019 年8月度の不動産相場

公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2019 年8月度の不動産流通市場動向が発表されました。以下、首都圏エリアの中…

親からの住宅資金援助 贈与税はかかるのか?

住宅を購入する際に、親からの資金援助を受けて購入されるお客様が増えています。 通常、1年間あたり110万を超える生前贈与には贈与税が課…

ドローンの商用化をにらんだルール整備!住宅のインスペクションにも活用が?!

政府はドローン(小型無人機)を使った宅配サービスなどの商用化をにらんだルールづくりを始めるようです。2022年度をめざし、所有者や使用者、機…

IOTで時短家事!!

IoT(アイ・オー・ティー)を簡単に説明するとモノのインターネットになります。 すべてのモノがインターネットにつながり、これによって外から…

契約の始まりと終わり ~停止条件と解除条件の違い~

高額な不動産取引においては、残念ながら思い通りに契約が進まないこともあります。 住宅ローンが通らない、必要な行政庁の許可が下りない、と…

ページ上部へ戻る