© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

一建築物一敷地の原則とは…

この意味は建築基準法施行令第1条の用語の定義で、
「敷地とは 一の建築物又は用途上不可分の関係にある二以上の建築物のある一団の土地をいう」
とあり、用途上可分の建築物は一敷地に一の建築物しか建てられません。

簡単に言いますと1つの敷地に建てられる建築物は1つが原則です。

用途上不可分の関係にある二以上の建築物とは
(用途不可分とは、用途が機能的に互いに連携しているために、それぞれの棟に敷地を分割することができない建築物をのことなのです)
専用住宅であれば離れ、車庫、物置、納屋、東屋、温室、畜舎などです。
学校・校舎であれば実習棟、図書館、体育館、更衣室棟、倉庫などです。

一団の土地の条件は連続していること。共通の用途で使用していること。境界線が明確な土地とありますが一団の土地とならない場合もあります。
敷地が道路や水路などの公共物で分断されている場合や障害物や塀などがあって敷地間で連続せいがなく行き来ができない場合は同一敷地と認められません。
同一敷地と認められない場合は敷地ごとに接道条件や容積率建蔽率・道路斜線などの規定がかかります。

私の身近な事例として田舎に帰って両親と住もうと思い別棟を建てる計画しましたが一建築物一敷地の原則により建てることができませんでした。

正し、境界線を新たに設けて、敷地を2分割するってことで一つの敷地内にもう一軒建物を建てることが可能になります。

土地にはいろいろな規定がありますので詳しくは専門家にご相談ください。

リニュアル仲介渡辺でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

どうなる今後のマンション価格!?物件価格と金利の影響についても

・マンション価格の中期予測 (一財)日本不動産研究所が、東京23区のマンション価格と賃料の中期予測を発表しました。 <日本不動産…

空き家問題…

空き家問題は最近ではニュースで目にする事も増えているかと思います。 そして、皆さんのご自宅の近くにも空き家はあるかと思いますが、皆さん…

マンションの「専有部分」の範囲はどこまでか?

マンションは「区分所有建物」といって、各室ごとに所有権の対象となっています。 今回は、その区分所有権の範囲がどこまでかということについてお…

インテリアの配色は色彩計画から考える!

インテリアの配色は色彩計画から考える事をお勧め致します。 内装の配色の法則を知っておくと「広々とした開放感」、「心地よく感じる部屋」、「適…

2019年12月 フラット35金利のご案内

2019年12月のフラット35金利は、20年以下が0.96%、21年以上が1.01%と先月から0.04%増となりました。 大手銀行の動向に…

ページ上部へ戻る