© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

一建築物一敷地の原則とは…

この意味は建築基準法施行令第1条の用語の定義で、
「敷地とは 一の建築物又は用途上不可分の関係にある二以上の建築物のある一団の土地をいう」
とあり、用途上可分の建築物は一敷地に一の建築物しか建てられません。

簡単に言いますと1つの敷地に建てられる建築物は1つが原則です。

用途上不可分の関係にある二以上の建築物とは
(用途不可分とは、用途が機能的に互いに連携しているために、それぞれの棟に敷地を分割することができない建築物をのことなのです)
専用住宅であれば離れ、車庫、物置、納屋、東屋、温室、畜舎などです。
学校・校舎であれば実習棟、図書館、体育館、更衣室棟、倉庫などです。

一団の土地の条件は連続していること。共通の用途で使用していること。境界線が明確な土地とありますが一団の土地とならない場合もあります。
敷地が道路や水路などの公共物で分断されている場合や障害物や塀などがあって敷地間で連続せいがなく行き来ができない場合は同一敷地と認められません。
同一敷地と認められない場合は敷地ごとに接道条件や容積率建蔽率・道路斜線などの規定がかかります。

私の身近な事例として田舎に帰って両親と住もうと思い別棟を建てる計画しましたが一建築物一敷地の原則により建てることができませんでした。

正し、境界線を新たに設けて、敷地を2分割するってことで一つの敷地内にもう一軒建物を建てることが可能になります。

土地にはいろいろな規定がありますので詳しくは専門家にご相談ください。

リニュアル仲介渡辺でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

家を守る屋根!

最近の携帯アプリでは雨雲レーダーなどがありどこで雨が降っている分かるようになっています。 私が使っているアプリでは雨は猛雨、豪雨、強雨、雨…

長期優良住宅とは・・・

長期優良住宅とは、「長く安心・快適に暮らせる家」 一戸建ての場合 1.バリアフリー性 将来のバリアフリーリフォームに対応できるようにな…

令和元年版消費者白書をご存知ですか?!出来れば避けたい不動産トラブル事情・・・

本日は少し不動産購入とは違うテーマかもしれませんが、情報をお届け出来ればと思います。 不動産購入に際して、何かとお金の事や将来の事を考える…

断熱性に優れている家

毎日暑い日がつづいていおりますが古い住宅には断熱材が入っていないため夏は暑く冬はとてもさむく暖房をつけても温まり方は非常に悪いです。 (我…

不動産詐欺のプロフェッショナル ~地面師と呼ばれる者~

不動産屋と聞いて、あまり良くないイメージを持つ方も少なくないのではないでしょうか。 土地を転がしてぼろ儲けしているとか、欠陥住宅を騙し…

ページ上部へ戻る