不動産取引ガイド

相続が変わる。不動産は「所有」と「居住」へ

先日、日常生活や相続と大きな関係がある「民法」が改正され、相続法の分野の改正があることをお伝えしました。

「民法が改正されるのはご存知ですか?」https://smile.re-agent.info/blog/?p=6514

今回の改正で新たに「配偶者居住権制度」が創設されました。

こちらの制度により、不動産を共有するのではなく、不動産の価値を「所有権」と「居住権」分割できるため、相続手続きがスムーズになることを見込んでいます。

しかし、実際には、居住権の価格をどのように判定するのか、居住権についても別途登記が必要になってしまうことなど、諸々の付随課題が出てきてしまうようです。

「居住権」の価格判定について、法務省では「簡易な評価方法」という手法を提示しています。

<法務省>http://www.moj.go.jp/content/001263589.pdf

建物の「耐用年数や築年数」と配偶者の「平均余命」、法定利率をもとに、あと何年で建物の価値が「0」になるかを簡易的に割り出し、居住権の価格を算定するという方法です。

ただし、この評価方法はあくまでも法務省からの提示にすぎません。

遺産分割協議を行う場合には、この評価方法を採用するか否かを相続人間で合意しなければいけません。

この評価方法は、平均余命や一般的な建物の耐用年数を基準にしていますので、配偶者の健康状態や、建物の状態によっては、居住権は「もっと高い」又は「もっと安い」などの争いが生じてしまうことも考えられます。

また、実際に居住権を取得した場合でも、きちんと「登記」をしなければいけません。

ただでさえ相続登記自体が放置されているような状況にある今、相続登記に加えて配偶者居住権登記を行うことがきちんと浸透するのか。

スムーズに実務が運用されるのか、考えることは多くなりそうな印象です。

権利義務意識の高まりなどもあり、相続手続きがスムーズに進まないケースも増えているようです。

不動産を所有された場合には、相続手続きがスムーズに行われるよう、遺言書を作成しておくなど、問題が複雑化しないように心掛けておくことをおすすめいたします。

ピックアップ記事

  1. 立地適正化計画をご存知ですか?
  2. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  3. 土地価格の相場を知る方法
  4. 住宅購入と 生涯の資金計画
  5. 危険な場所は 地形図で見分ける

関連記事

  1. お金・ローン・税金

    耐震基準適合証明書は引渡し前に!

    間もなく確定申告の時期です。平成27年中に住宅の取得をされた方は、…

  2. 不動産取引ガイド

    不動産購入時に「生活防衛資金」はいくらぐらい確保すべきか?!

    ■不動産購入時にいくらぐらいの生活費(生活防衛資金)を確保すべきか?!…

  3. お金・ローン・税金

    「頭金0円の方」にお勧めするローンの組み方

    「頭金がない」というお客様が結構いらっしゃいます。あるいは、今…

  4. 不動産取引ガイド

    首位に返り咲いた吉祥寺 住みたいランキングに変化があった?!

    突然ではありますが、皆様どのような場所に住みたいですか?先日、…

  5. 不動産取引ガイド

    火災保険がまたまた改定されます!

    2020年10月に火災保険が改定されます。今までも火災保険の改…

  6. お金・ローン・税金

    住宅ローンを組む際に、適用金利だけで判断していませんか?

    まず、家を購入するのに考えることは、いくらまでローンが組めるかという事…

  1. 不動産取引ガイド

    あなたはマンション派or戸建て派 どちらがお好みですか?!
  2. お金・ローン・税金

    【火災保険の家財はいくらで設定したら良い?】
  3. 不動産取引ガイド

    住宅の質‼
  4. 不動産取引ガイド

    不動産仲介業者の選び方?!サービスの違いに目を向けましょう!
  5. 不動産取引ガイド

    人口減少と極端な少子高齢時代に突入した日本。
PAGE TOP