不動産取引ガイド

区画整理事業で生み出される「保留地」とは

今回お客様からご相談を受けた土地をお調べしてみると、区画整理事業地内の「保留地」となっていました。

あまり聞きなれないワードですが、せっかくなので整理してみました。

そもそも区画整理事業とは?

区画整理事業とは、「区画整理法」という法律に則って行われる、土地の区画形質の変更等の事業を指します。

具体的には、不整形な土地や入り組んだ道路になっている土地を、綺麗に分割し直し、まっすぐな道路を通して整備された街並みに変更する事業などになります。

土地の利用価値も上昇しますので、土地の価格自体も上昇することが一般的です。

整理事業で発生する「保留地」とは?

区画整理事業が行われると、もともとそこに土地を所有していた方には、そこで新たに整地された土地を取得することになります。

これが「換地」です。

換地については、面積が増えることもありますし、減ることもあります。

そして、この換地として元の所有者へあてがわれる土地以外で、区画整理事業者の手元に残る土地が出てくることがあります。

この土地を「保留地」といいます。

保留地については、換地処分が完了したときに初めて発生する土地になるのです。

保留地を購入する際に注意すること

保留地については、前述のとおり区画整理事業者が保有している土地ですので、一般の売買とは取引の形式が異なります。

一番注意しなければならない点は、換地処分が完了するまでは、登記が存在しない、ということです。

通常の売買であれば、土地の購入と同時に土地の登記を購入者の名義に書き換えますが、保留地の場合はまだ登記が存在していません。

そのため、購入してもすぐに自分の名義にすることができないのです。

ここで問題になるのが、住宅ローンなどの融資を受けるケースです。

住宅ローンなどの融資を受けた場合には、金融機関は土地に対して「抵当権」を設定することを求めます。

ところが、土地登記簿がないため、「抵当権設定」の登記もすることができないのです。

こうした手続きの特殊性もあるため、保留地購入には、利用できる住宅ローンが限定されるなどのデメリットがあります。

保留地については、新たに区画整理されきれいな街並みなり、価格自体も相場より割安といったメリットもありますが、上記のようなデメリットも発生しますので、購入に関しては注意が必要です。

もし、ご興味のある土地が保留地であった場合には、不動産取引に精通したエージェントまでご相談ください。

ピックアップ記事

  1. 買ってはいけない物件を自分でチェック
  2. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  3. 立地適正化計画をご存知ですか?
  4. 住宅購入と 生涯の資金計画
  5. 危険な場所は 地形図で見分ける

関連記事

  1. 不動産取引ガイド

    最近流行りのVR・AR・MRの違いをご存知ですか?!

    先日、不動産テックセミナーなる会に参加してきました。その中で、VRを活…

  2. 不動産取引ガイド

    将来の家の価値に影響を与える「重要情報」を「一挙に収集」する方法

    家の価格は何で決まるか?端的に言えば、需要と供給です。立地や家のサ…

  3. 不動産取引ガイド

    フラット適合証明書の残念な事例

    適合証明技術者のための住宅レーダーというお知らせがあります。フラット適…

  4. 不動産取引ガイド

    税務署からの「お尋ね」が来たら、どうすれば良いのか?2

    マイホームを購入や増改築した時にやってくる税務署からの「お尋ね」につい…

  5. 不動産取引ガイド

    IT重説が仮スタート!不動産取引のIT化は加速するのか?

    令和1年10月1日より、ITを活用した不動産売買に係る重要事項説明等の…

過去記事

  1. 不動産取引ガイド

    新築建物は誰のものか?建築請負契約と施主の関係
  2. 不動産取引ガイド

    耐震基準適合証明書の詳細
  3. 不動産取引ガイド

    次は東京オリンピック!
  4. お金・ローン・税金

    不動産取得時に払うお金は物件代金だけではない??
  5. 不動産取引ガイド

    二世帯住宅を建てる時に間取りよりも前に考えなければならない事とは?
PAGE TOP