© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

火災保険。10年超の契約引受が停止になってしまします。

火災保険。10年超の契約引受が停止になってしまします。
割引率の高い保険に入るなら9月中にご契約を…

住宅購入の際に必要な保険である火災保険が、今年の10月より10年超の契約が出来なくなってしまいます。
これは、近年増加する自然災害により将来の収支の予測が難しかしくなった事が背景にあるようです。

長期契約にもデメリット(契約内容を忘れがち、保険見直しの機会がない、などなど…)はありますが、それを含めてもやはり割引率の高い保険に入っておいた方がお得ですよね?

火災保険の為に契約を早く!とは言いませんが、そういった情報もわかった上で住宅購入をする事が良いのではないかと思います。
保険内容でご不明な事があれば、お気軽にお問い合わせください。

リニュアル仲介、前田でした!!

———————————————–

「資産となる不動産を真剣に考えるセミナー」

・マーケットを知る
・資産性とは何か
・リスクを考える
・減税・補助金
・私達ができること

↓ 詳細はコチラ ↓
http://www.rchukai.com/#!seminar/c1vy0

8月29日(土)9月26日(土)10月24日(土)

———————————————–

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

IT重説が仮スタート!不動産取引のIT化は加速するのか?

令和1年10月1日より、ITを活用した不動産売買に係る重要事項説明等の社会実験がスタートしました。 不動産取引において欠かせない重要事…

2019 年9月度の不動産相場

公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2019 年9月度の不動産流通市場動向が発表されました。以下、首都圏エリアの中…

中古住宅購入時の「畳の張り替え」について

最近、中古住宅購入時に畳を望む方が増えているようです。ブームの再燃でしょうか? その為、本日は『中古住宅購入時の畳の張り替え』と題して…

駅・線路の地下化。不動産にはどのように影響するのか?

近年、駅・線路を地下化とする動きをニュースで見るかと思います。 最近ニュースとなっているのは小田急線下北駅ではないでしょうか。 …

今後の住宅ローンの金利はどうなる?

住宅金融支援機構が提供する「フラット35」の金利は、21016年マイナス金利導入後の8月から去年2018年の11月に向けて緩やかに金利は上昇…

ページ上部へ戻る