過去の記事一覧

  1. 不動産取引ガイド

    日本家屋の古さに価値⁉

    先日テレビで古民家で使われている古木を新しい建物に使いとても人気のある会社が取り上げられていました。その会社のコンセプトは「古木で、心地よい、空間を作ろう。…

  2. 不動産取引ガイド

    土地の種類に要注意

    購入する土地の種類について注意が必要なケースがあります。登記された土地の種類「地目」に注目購入しようと思った物件が決まったら、登記の「地目」も確…

  3. 不動産取引ガイド

    火災保険の基礎知識 知っておきたいポイント(その2)

    火災保険を検討する際は、前回「自力再建」大前提を知ったうえ、検討しましょうとお伝えしました。今回は前回の続きとなります。火災保険は火災だけでなく、種々の…

  4. 不動産取引ガイド

    買付申込時にやっておいた方が良いことTOP3

    物件探しを行って、いよいよ買いたい物件に出会ったら、次のステップは「買付申込」です。売主側に対して購入意思と希望金額、その他条件などを伝えて、購入のための交…

  5. 不動産取引ガイド

    不動産購入時にハザードマップの確認は重要です。もし危険該当エリアの場合、「マイ・タイムライン」の作成…

    突然ではありますが「マイ・タイムライン」という言葉をお聴きになられた事はありますか?■ マイ・タイムラインについてマイ・タイムラインとは住民一人ひとりの…

  6. 不動産取引ガイド

    消し忘れに注意したい買戻特約

    お住まいの重要事項説明を受ける際に注意すべきチェックポイント解説、今回は手続きを忘れがちな買戻し特約登記です。住宅供給公社などの物件に付けられた買戻し特約…

  7. お金・ローン・税金

    2021年9月 フラット35金利のご案内

    2021年9月のフラット35金利は、20年以下も21年以上も据え置きとなりました。大手都市銀行の動向は、固定期間10年の最優遇金利について、大手都市銀行…

  8. 不動産取引ガイド

    防災の日には

    明日は防災の日です。防災の日は『台風や高潮、津波、地震等の災害について認識を深め、それらの災害について大暑する心構えを準備するため』として、制定されました。…

  9. 不動産取引ガイド

    火災保険の基礎知識 知っておきたいポイント(その1)

    多くの方は、住宅購入時に火災保険の契約をしています。しかし、住宅購入が進んでいきますと、様々な手続きに追われます。そのため、数多の手続きの一つとして、勧められる…

  10. 不動産取引ガイド

    戸建て住宅を内見する際にチェックしたいことTOP3

    物件内見の際にどういったことを確認されるでしょうか。明るさ(日当たり)、広さ、クロス・床の汚れ具合、設備の状態…多くの方は実際に住むことを想定して内見さ…

  1. 不動産取引ガイド

    実測売買と公簿売買の違い
  2. 不動産取引ガイド

    3軒に1軒が空き家の時代が訪れる!?
  3. かし保険

    瑕疵保険⑦瑕疵保険と住宅ローン減税
  4. リニュアル仲介通信

    平成26年5月 中古住宅検討時のリフォーム予算の考え方
  5. 不動産取引ガイド

    増税前に不動産は買いなのか?!統計的に分析してみました!
PAGE TOP