欠陥・トラブル

  1. 知らないと損をする3000万円控除とは!?

    日本の不動産税制では、自分が住む目的で所有している住宅(住居用財産)について「3000万円の特別控除」、「軽減税率の特例」、「買換えの特例」の3つの特例が用意さ…

  2. 住宅ローンを契約する前に知っておきたい審査について

    早いもので平成最後の月末に入りました。先日、新元号「令和(れいわ)」の発表があり、世間では気分的に高揚しているような気がします。さて、新入社員の教育研修…

  3. 熊本地震が遺した教訓(その2)

    8,329戸が全壊という甚大な被害をもたらした熊本地震から本日で3年が経ちます。今回は熊本地震から得られた教訓を前回に続いて皆様にもシェアしたいと思います。…

  4. 熊本地震が遺した教訓(その1)

    8,329戸が全壊という甚大な被害をもたらした熊本地震からまもなく3年が経過します。今回は熊本地震から得られた教訓を皆様にもシェアしたいと思います。震災…

  5. 耐震改修の補助制度を利用する場合の注意点

    中古戸建住宅の購入を検討する場合、耐震診断などのインスペクションやそれに伴う改修工事を想定して計画を組む必要があります。住宅の耐震化については、国や自治…

  6. 住宅ローン減税にまつわる気の毒な話

    今年も確定申告の時期を迎え、住宅ローン減税についての問い合わせが増えています。当社は住宅ローン減税や耐震基準適合証明書についての情報配信をしているので、他社…

  7. レオパレスの物件不良問題から考える建築確認

    先日より、レオパレス21のアパートについて、必要な壁材が用いられていなかった等の問題が報道されています。この報道を聞く度に心配に感じるのが、建築確認・検…

  8. 不動産の放棄制度を整備!?

    先日の「相続登記義務化を検討」に引き続き、政府は「不動産の放棄制度」の法整備を検討しているようです。現在の法律では、「イチかゼロか」ということで、相続が…

  9. 「新耐震なら大丈夫」を過信してはいけません

    中古物件を検討する場合に築年数が気になると思います。築年数は「劣化」と「建築基準法の変遷」の二つの側面があります。築年数が古ければ古いほど劣化のリス…

  10. 政府が相続登記の義務化を検討!?

    先日、「政府が相続登記の義務化を検討」というニュースが報じられました。最近では、「空地、空き家問題」という話題をお聞きになったことがある方も多いかと思い…

  1. 不動産取引ガイド

    進むのか、分譲マンションの耐震化に補助金?!
  2. 欠陥・トラブル

    知ると怖い、不動産の共有。
  3. 不動産取引ガイド

    競売物件って簡単に購入できるの?
  4. お金・ローン・税金

    不動産取得時に払うお金は物件代金だけではない??
  5. 不動産取引ガイド

    リフォームと建て替えどっちにしますか?
PAGE TOP