相続

  1. 親からの贈与などなど。贈与税はいくらからかかるかご存知ですか?

    個人から現金や不動産などの財産をもらった人には、贈与税が課せられます。贈与税はその人が1月1日~12月31日までの1年間にもらった財産の合計額から、基礎…

  2. 相続した農地の有効活用法

    相続が発生した際に、親が所有していた田舎の農地を引き継ぐといったケースがあります。相続人の方は都心でサラリーマンをしており、相続した農地は利用されず、耕…

  3. 所有者不明の土地

    現在、登記簿上で所有者がたどれない“所有者不明土地”が増え続け、その総面積は九州の広さを超えるそうです。以前は山間部に多いとされていましたが、現在は都市部に…

  4. 「団体信用生命保険」に入れない場合の注意点

    住宅ローンを組む時には、「団体信用生命保険(以下、団信)」に加入するのが一般的です。団信に加入していると、住宅ローンがまだ残っている間に死亡等してしまった場…

  5. 相続人がいなくても不動産は売れる!(困難事例編)

    前回、遺言で「遺言執行者」を選任しておけば相続人がいなくても不動産売却が可能となる、との記事をご紹介しました。https://smile.re-agent.in…

  6. 相続人がいなくても不動産は売れる!

    相続人がいないまま不動産の所有者が亡くなってしまった場合、相続財産は最終的に「国庫に帰属(国のものに)なってしまいます。なんだかもったいない話ですね。…

  7. 共有状態解消の最終手段!

    今回は共有状態解消の最終手段「裁判」についてです。不動産を共有してしまい話し合いも進まず身動きが取れない場合には、最終的には裁判所の力を借りて裁判を起こ…

  8. 相続したのに「相続できない」不動産!?

    以前「相続手続きはいつまでに」という記事で説明しましたが、相続手続きを放置していると、必要な書類が取得できなくなってしまうケースや、手続きが複雑になってしまうリ…

  9. 相続した不動産の上手な売り方

    親から相続した不動産ですが、すでに持家があったり、遠方だったりという理由で売却するという選択肢を選ぶケースもあります。その場合、どうやったら売却がスムーズに…

  10. 不動産処分と行方不明の相続人

    近年、空き家問題が話題になっていますが、空き家を処分する際の障害のひとつが、行方不明の相続人です。不動産を処分するためには、所有者「全員」の承諾が必要に…

  1. 不動産取引ガイド

    買付価格は安ければ安いほど良いのか・・?
  2. 不動産取引ガイド

    相続税はどうなる?路線価が公表されています。
  3. 不動産取引ガイド

    中古戸建住宅購入時に把握しておきたい、耐震性能(木造戸建て)+実例紹介!
  4. 不動産取引ガイド

    2018 年11月度の不動産相場
  5. 不動産取引ガイド

    「盛土」と「切土」の注意点
PAGE TOP