不動産取引ガイド

リノベのモデルルームは“そこかしこ”。本部エージェントの現場レポート≪中古マンション編③≫

「中古住宅+リノベ」は、リセールバリューの高い家を買う為の有効な手段です。

もちろん、イレギュラー要素のある物件ではダメで、人口が減る将来においても根強く需要が残るような、ちゃんとした物件でなくてはいけません。

ちゃんとした物件を見つけたら、ようやくリノベの検討です。間違っても、順序を逆にして“リノベを思いっきりできる予算を除いた残りの予算で家探し”ということは、ご自身の資産を毀損したくない人は、やってはいけません。これは過去にもこの「戸建てリノベINFO」でもお伝えしてきましたので、今回の記事では詳細は省略しますね。

さて、今回はここからが本題です。
話しを戻しまして、“ちゃんとした良い物件が見つかった”時に、ひとつ問題が生じます。
それは、その物件が他の人に買われてしまうことがあるということです。

しかも頻繁に。

リセールバリューが高い良い物件といのは、簡単に言えば万人受けする物件のことです。あなたが良いと思うものは、他の方も良いと思っている可能性も大いにあり、内見から売買契約を締結するまでがスピード勝負となります。

中古物件ですので、中には、だいぶ使用感のある物件に遭遇することもたくさんあります。
その時に、“うわっ、汚い...立地は気に入ってるのに”といって躊躇して数日検討していてはスピード勝負に負けてしまいます。
このような物件に出会った時に、リノベ後の大まかなイメージができるかどうかが重要になります。

物件が見つかった後に慌ててリフォームのイメージづくりの為に建築屋さんに話を聞きに行ったり、ショールームに行ったりしているようではいけません。
でも、折角の休みにわざわざショールームに足を運ぶのも面倒だし、なんだか営業されそうな気もしてしまいます。

こんな方にお勧めなのが、売出中の物件を見にいく時に、一緒にフルリノベ―ション済みの物件を見に行くことです。

さらに、古い物件の方が、“リノベでここまで綺麗になるのか”というのを実感しやすいです。

今回のレポートは、都内某所、築30年の中古マンション。

お洒落なお店や大きな公園にも近い好立地です。内見時にはちょうど工事中だったので、普段は仕上げに隠れてしまっている配管等も見ることができました。工事中のものよりも完工済みの物件の方がボリューム的には多いのです。ちなみに、今回の物件については、バリアフリーにする為に床を上げた分、天井が低く(=近く)なってしまっていたので、購入検討の候補から除外としました。

以上、リニュアル仲介本部 パイロット店 エージェント 石川でした!

———————————————–

「資産となる不動産を真剣に考えるセミナー」

・マーケットを知る
・資産性とは何か
・リスクを考える
・減税・補助金
・私達ができること

↓ 詳細はコチラ ↓
http://www.rchukai.jp/semi/

———————————————–

 

ピックアップ記事

  1. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  2. 買ってはいけない物件を自分でチェック
  3. 立地適正化計画をご存知ですか?
  4. 土地価格の相場を知る方法
  5. 住宅購入と 生涯の資金計画

関連記事

  1. 不動産取引ガイド

    家の中に小屋が作れるって知っていますか?

    今、部屋が簡単にできるものがあるのをご存知ですか。部屋を作ると…

  2. 不動産取引ガイド

    民法が改正されるのはご存知ですか?

    民法の中で「相続」に関する規定が改正されます。これは相続時の配…

  3. 不動産取引ガイド

    海外赴任者 帰任に備えた日本の家探し 3 【事前準備~売買契約締結 編 1/9】

    海外赴任者 帰任に備えた日本の家探し」シリーズ。今回は、住宅購入の事前…

  4. 不動産取引ガイド

    <田舎暮らしを考えている方へ> 「水害避け集団移転」という記事から学ぶべきこと?!

    ■国が本格的に水害被害の軽減に動き出す?!大規模な水害に備えた新た…

  1. 不動産取引ガイド

    「盛土」と「切土」の注意点
  2. 不動産取引ガイド

    敷地のセットバックとは?(基礎編)
  3. デザイン

    古屋が持つ重厚感。 新築にはない既存住宅ならではの味わいを活かす。
  4. 不動産取引ガイド

    夢実現ランキングで冷静さを取り戻す!あなたの住まい探しの条件は、本当に現実的です…
  5. 不動産取引ガイド

    不動産の「シキエン」って何?!
PAGE TOP