不動産取引ガイド

相続空き家、売るなら早く 、4月からは3000万円まで控除される?!

最近は親から実家を相続したものの生活拠点の違いなどから放置し、空き家になっている住宅は多いようです。しかし空き家を売るのか、管理しながら持ち続けるのかといった決断を早くする方が、家計の負担は軽くなるかもしれません。「特定空き家」に指定されると固定資産税が上がる空き家対策特別措置法が昨年施行されたのに続き、相続した空き家を売れば税優遇を受けられる制度が今年4月から始まる見通しだからです。

ちなみに空き家を所有するだけで掛かる費用は下記の通りです。

・固定資産税(特定空き家に指定されると宅地の場合、固定資産税が最大6倍になる。)

・定期的な掃除(電気代、水道代)

・火災保険など

最近は空き家の管理サービスなどを手がけるNPO法人などもできてきました。費用的には年間30~50万円程度掛かるようです。

賃貸に出しても、出す前の水回りや内装リフォームに費用が200~300万円は掛かり、賃料との検討が必要です。一般的には5年ぐらいを一つの目安に検討するのですが、古い住宅の賃貸案件は借り手も付きにくいのが現状です。

野村総合研究所では住宅の除却・減築などが進まない場合、2033年には空き家が2,000万戸超へと倍増すると発表されており、真剣に考える必要がございます
http://www.nri.com/Home/jp/news/2015/150622_1
法人営業部 犬木

———————————————–

「資産となる不動産を真剣に考えるセミナー」

・マーケットを知る
・資産性とは何か
・リスクを考える
・減税・補助金
・私達ができること

↓ 詳細はコチラ ↓
http://www.rchukai.jp/semi/

———————————————–

ピックアップ記事

  1. 立地適正化計画をご存知ですか?
  2. 住宅購入と 生涯の資金計画
  3. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  4. 買ってはいけない物件を自分でチェック
  5. 危険な場所は 地形図で見分ける

関連記事

  1. お金・ローン・税金

    住宅ローン完済年齢上昇 「高齢化」になった3つの要因

    日本経済新聞が住宅金融支援機構のデーターを調べたところ、20年間で平均…

  2. 不動産取引ガイド

    東京都23区で唯一の消滅可能性都市に挙げられている『豊島区』

    おはようございます。法人営業部の犬木です。本日は東京都23区で唯一の消…

  3. 不動産取引ガイド

    マンションの建て替えに必要な”合意形成”

    一般的にマンションの建替えには合意形成が必要と言われていますが、具体的…

  4. 不動産取引ガイド

    新婚共働き夫婦は、保育園事情を把握しておこう!

    昨今、共働きの世帯が増え、家選びをする上でも保育園事情は気になるところ…

  5. 不動産取引ガイド

    フローリングの床の色で部屋の印象がガラッと変わる?

    中古住宅の購入を検討されている方は、リフォームも含めて考えていらっしゃ…

  6. お金・ローン・税金

    【超重要ポイント まとめ】中古住宅と住宅ローン控除と“かし保険付保証明書”

    確定申告の時期ですので、本日は「中古住宅」の「住宅ローン控除(住宅借入…

過去記事

  1. 不動産取引ガイド

    耐震・制震・免震 とは?
  2. お金・ローン・税金

    住宅ローン控除を理解しておきましょう。
  3. 不動産取引ガイド

    「家を買うなら知っておきたい情報セミナーin博多」
  4. マンション

    「カベシン」?「ウチノリ」?マンションの面積における2つの表現
  5. お金・ローン・税金

    住宅購入時の自己資金の目安ってご存知ですか?
PAGE TOP