© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

フラット35の借り換えについては「借り換えシミュレーション」を活用しましょう!

また今月のフラット金利が大幅に下がりました。なんとフラット35のH28年4月実行金利は下記の通りです。政府のマイナス金利政策を受けて史上最低金利を大幅に更新しました。

◇MSJフラット35

借入期間15年~20年 ご融資金利1.020%

借入期間21年~35年 ご融資金利1.190%

それに便乗してか、フラット35の借り換えが急増しているそうです。ちなみに借り換えでどれくらい支払いが下がるかをご存知でしょうか?

もしよろしければ下記のご案内をご覧いただき、「借り換えシミュレーション」なるものを利用してみて下さい。

http://www.flat35.com/loan/karikae/

借り換え手続きには、印紙税、登録免許税(抵当権設定)、設定のための司法書士報酬、抵当権抹消のための司法書士報酬などが掛かりますが、それを考慮しても、かなり総支払額が下がるケースが多いようです。

繰り上げ返済をして、返済を終えてしまう方の場合も一度は、ご覧いただく事をおすすめします。私もかなり総支払い額が下がる事が分かりました。

法人営業部 犬木 裕

———————————————–

「資産となる不動産を真剣に考えるセミナー」

・マーケットを知る
・資産性とは何か
・リスクを考える
・減税・補助金
・私達ができること

↓ 詳細はコチラ ↓
http://www.rchukai.jp/semi/

———————————————–

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

贈与しても不動産取得税がかかる?

不動産を取得した後、しばらく経ってから請求される税金として、「不動産取得税」(都道府県税)というものがあります。不動産を取得すると同時に支払…

親からの贈与などなど。贈与税はいくらからかかるかご存知ですか?

個人から現金や不動産などの財産をもらった人には、贈与税が課せられます。 贈与税はその人が1月1日~12月31日までの1年間にもらった財…

相続した農地の有効活用法

相続が発生した際に、親が所有していた田舎の農地を引き継ぐといったケースがあります。 相続人の方は都心でサラリーマンをしており、相続した…

「事故物件」価格への影響【実例】

安い物件には、それなりの理由があります。 その理由の一つに、「心理的瑕疵物件(しんりてきかし)」、いわゆる「事故物件」というのがありま…

所有者不明の土地

現在、登記簿上で所有者がたどれない“所有者不明土地”が増え続け、その総面積は九州の広さを超えるそうです。 以前は山間部に多いとされていまし…

ページ上部へ戻る