不動産取引ガイド

ウィズコロナの時代に考える不動産購入

最近でもだ多くのコロナウイルス感染症患者の数が報告されています。

こんな状態ですので、自粛宣言の有無に関わらず、テレワークによる勤務体制を維持されている方も多いようです。

そして、このテレワークの期間中に、自宅のリフォームや購入を検討された方も多いのではないでしょうか。

在宅勤務・テレワークをきっかけに住宅購入・リフォームを検討したいとする人が4割以上に上った、という調査もあるようです。

実際にテレワークをしてみると、必要なワークスペースが確保できない、家族がいて業務に集中できない、といった不満があるようです。

私自身も在宅勤務をすることがありますが、小さい子供もおり、なかなか業務に専念することができません。

「家族それぞれの独立した部屋が欲しい」「ワークスペースが欲しい」といった要望があるのではないでしょうか。

もし完全テレワークなどが可能になり、通勤時間という制限がなくなった場合には、やや都心から離れた戸建なども検討候補に入ってくるのかもしれません。

一方で、不動産市況としては、市場にあるマンション・戸建の在庫は減少しています。

自粛明けから、購入希望者の動きは活発になり始めていますが、物件の売出の動きはまだ緩慢です。

現状では在庫が少ないため、あまり選択肢が多くないのも実情かと思います。

こうした状況下では、良い物件に巡り合った場合に、即断即決できる準備が必要になるかと思います。

住宅購入において譲れない条件の確認や、問題物件を見極める情報、購入を決めた場合に先手を打てるローンの事前審査など、やっておくべきことはたくさんあるかと思います。

弊社でも、ZOOMを利用したオンラインセミナーや、SelFinを通じての事前審査など、皆様の不動産購入準備をお手伝いできる環境をご用意しております。

不動産購入をご検討されていらっしゃいましたら、この機会にお気軽にご相談ください。

ピックアップ記事

  1. 土地価格の相場を知る方法
  2. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  3. 危険な場所は 地形図で見分ける
  4. 立地適正化計画をご存知ですか?
  5. 住宅購入と 生涯の資金計画

関連記事

  1. 不動産取引ガイド

    高効率給湯器とは!?

    高効率給湯器とは、少ない燃料で効率よくお湯を沸かすことができる給湯器で…

  2. 不動産取引ガイド

    減少するリアル店舗 「商業施設に近い」というPR文に資産価値を落とす要素が・・・

    2016年10月16日夕刊フジの記事で、「個人商店が成り立たなくなって…

  3. 不動産取引ガイド

    発泡スチロールの家をご存じですか⁉

    先日テレビで紹介していた発泡スチロールの家「ドームハウス」興味がある建…

  4. 不動産取引ガイド

    戸建てを購入する際などに気になるのが地盤。

    軟弱地盤が判明した場合、どういう工事をすれば良いのか??地盤調…

  5. 不動産取引ガイド

    亥年は大地震が起きやすい?!事前の備えを万全に!

    先月、日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(略称:木耐協)の全国大会に参…

  6. 不動産取引ガイド

    『定期借地権付きマンション』の資産価値は?

    物件探しをしていたら、「うん?この立地でこの価格って安いんでは・・」と…

  1. お金・ローン・税金

    住宅ローン控除を理解しておきましょう。
  2. お金・ローン・税金

    2019年12月 フラット35金利のご案内
  3. リニュアル仲介通信

    いざと言う時に備えよう 火災保険の補償範囲
  4. 不動産取引ガイド

    戸建てを購入する際などに気になるのが地盤。
  5. 不動産取引ガイド

    米国の不動産エージェントから学ぶ、信頼のおける不動産事業者とは?!
PAGE TOP