不動産取引ガイド

気になる物件の調査報告書を無料で作成いたします(不動産事業者のインスペクション)!中古住宅取引に欠かせない判断材料を提供いたします!

リニュアル仲介加盟店では中古物件の取引にあたって、様々な情報を精査する報告書作成を無料で行っています(不動産事業者のインスペクション)。多くの加盟店に既存住宅アドバイザー(※)が在籍していますので、物件案内の際に、マンションでは12ページ、戸建て住宅では18ページの調査報告書を作成いたします。

お客様が気になった物件毎に作成もさせていただきますので、お気軽にご相談ください。リニュアル仲介加盟店以外ではこのような調査報告(不動産事業者のインスペクション報告書)を行っている方も少ないため、住宅購入の際に下記のような判断に迷われる場合に役立ちます。

http://www.srenkei.com/event/pdf/k_sample.pdf (報告書サンプル)

 

・買ってよい物件かどうかの判断ができるようになります。

・「ハザードマップ」やその地域に住宅政策(コンパクトシティなど)を確認できます。

・かし保険・耐震・フラットなどの利用可否の判断できるようになります。​

・各種住宅取得支援制度の利用可否の判断ができるようになります。

・法令違反物件でないかの判断ができるようになります。

 

いずれにせよ、住宅購入の際には様々な情報を把握してからの購入をおすすめします。もし不動産事業者のインスペクションが必要な場合はお気軽にご相談ください。

 

※既存住宅アドバイザーについては下記アドレスをご確認ください。

http://www.srenkei.com/class/

 

法人営業部 犬木 裕

———————————————–

「資産となる不動産を真剣に考えるセミナー」

・マーケットを知る
・資産性とは何か
・リスクを考える
・減税・補助金
・私達ができること

↓ 詳細はコチラ ↓
http://www.rchukai.jp/semi/

———————————————–

ピックアップ記事

  1. 立地適正化計画をご存知ですか?
  2. 土地価格の相場を知る方法
  3. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  4. 危険な場所は 地形図で見分ける
  5. 買ってはいけない物件を自分でチェック

関連記事

  1. 不動産取引ガイド

    不動産「ババ抜き」状態?!災害危険地は住宅優遇を排除される時代へ

    2020年9月23日に相次ぐ災害を受け、国土交通省は住宅政策を軌道修正…

  2. 不動産取引ガイド

    『山手線はこんなに勾配がある!?』

    普段、何気なく乗っている山手線・・。最近は、電車に乗っていてもスマ…

  3. 契約関係

    海外赴任者 帰任に備えた日本の家探し 11 【事前準備~売買契約締結 編 9/9】

    前回に引き続き「STEP 4 『商談開始(=買付申込)から売買契約締結…

  4. マンション

    マンションだって過度な重さは耐えられない!

    最近、アメリカのフロリダ州のマンションの一部が崩壊した事故がありました…

  5. 不動産取引ガイド

    中古住宅のキッチンは住み始めてからのカスタマイズがおすすめです

    家を選ぶときに重要な検討項目になるのがキッチンです。最新式のシステ…

過去記事

  1. 不動産取引ガイド

    エコ住宅からみた設備
  2. 不動産取引ガイド

    適材適所の収納術
  3. マンション

    壁のヒビや床の傾きを気にする消費者が増えています。
  4. お金・ローン・税金

    二重ローン問題 債務免除減額の手続きについて
  5. 不動産取引ガイド

    築50年の家に耐震改修は必要か?
PAGE TOP