© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

設備の不具合の責任≪中古住宅の保証 その②≫

住宅に付帯する設備についても、不具合の修復等に関して取り決めを行ないます。

中古住宅の売買をするときには、契約条項の中に「売主の瑕疵担保責任」というのがあるということについては、先日の記事『売主の瑕疵(かし)担保責任の範囲と「瑕疵保険」の対象範囲の差≪中古住宅の保証 その①≫http://smile.re-agent.info/blog/?p=2770』でご説明しましたが、その他、付帯設備に関しては、「引渡し後7日間以内(※1)に発見されたものは、売主の負担において修復」と定めることが一般的です。重要事項説明の際に「付帯設備表(※)」を用いて、設備の有無や不具合の有無等、現在の状況について売主から説明を行ない、付帯設備表記載内容と相違がある場合には、売主負担で修復となります。例えば、換気扇をつけると音がするとか、○○は不具合無とか、○○は残置・撤去といったものです。ちなみに、家具等荷物やエアコン、照明といったように後から設置したようなものは、全て売主側で撤去というのがベースで、売主も次の家で不要だし、たまたま買主も欲しいというものは残置、というような取り決めを行ないます。

その他、細かなキズ、汚れについては、賃貸ではなく売買ですので、売主に修復義務はなく、現況のままの引渡しとなります。

ちなみに新築の場合には、キッチンやお風呂等設備関係の不具合は、あくまで建築会社やメーカーのアフターサービスの一環として、1~2年程度保証されていることが多いです。(主要構造部に関しては、瑕疵保険付保(あるいは供託による資力確保)により、10年間は担保されています。)

※1売主、買主双方協議の上、決めることができますが、1週間と定めるのが一般的です。

※2「付帯設備表」は、対象となる物件の設備について「水まわり」、「居住空間」、「玄関・窓・その他」に区分しています。「設備の有無」の欄は、売買対象となる設備を明らかにするもので、売主様が「有」とした設備が引渡しの対象となります。また、「有」と記入した設備に関して故障・不具合等がある場合は、将来のトラブルを防止するために、その状況を書いて買主に説明します。

以上、リニュアル仲介本部パイロット店 エージェント石川でした。

【設備表サンプル】

設備表1設備表2設備表3設備表4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

注文住宅を建てるときやリフォームする時、フローリングをどう選べばいいのでょうか?

フローリング材には色や種類、値段、特徴や機能も色々あって迷いますが、 自分に家にあったフローリング選びをして、自分らしい素敵な住まいづ…

【住宅ローン減税1】不動産会社選びが重要です!

不動産購入で失敗しないためには、業者任せではなく、消費者も知っておくべき情報がたくさんあります。戸建てリノベINFOではみなさまの不動産購…

あなたに合った構造は?注文木造住宅の工法と特徴

木造は、日本の注文住宅の半分以上の割合を占める工法です。 古くから日本人に好まれてきた木造住宅の工法別に特徴とメリット、デメリット等を…

最近話題のSDGsをご存知ですか?SDGsの17の目標とは・・・

■最近、目にすることが多くなったSDGsをご存知ですか? 最近、新聞やテレビの中でよく聞くようになった「SDGs(エスディージーズ)」とい…

2020 年1月度の不動産相場

公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2020 年1月度の不動産流通市場動向が発表されました。以下、首都圏エリアの中…

ページ上部へ戻る