© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

二回目のマイホームを購入を考える時期

今回はこのような記事を見つけましたのでご紹介します。

一回目のマイホームを購入後月日が経ち数十年も経つと飽きもくるし、どことなく古びても見える。子どもが手を離れたことをきっかけに、住み替えしたくなる気持ちになる50代が増えているそうです。

そんな50代の方が二回目のマイホームを購入を考えた場合、一番は資金計画です。特に住宅ローンの返済は
若い人の場合は、35年でローンを組んだとしても、完済までの期間が長いので、少々の無理があったとしても、どこかで帳尻を合わせようとすればできなくもないです。
しかし50代ともなると、リタイアまで今の収入を維持できるという保障はないでしょうから、身の丈にあった堅実な返済計画を立てることがとても重要になってきます。
慎重に進めるためにも、1度しっかりとキャッシュフローを計算しておくをお勧めいたします。

具体的にはどうやって計画を立てればよいのでしょうか。
・今後の人生をイメージしてみること
具体的に、どこに誰と住みたいのかを考える。それは都心なのか、郊外なのか、自然の中なのか、子どもの家の近くなのか、といった具合にです。
・住みたい場所がイメージできたら実際に足を運び、住宅の価格や物価をチェックをする。

・住み替えにかかるお金を数値化する。
今の家を手放したときに手元にいくら残るかを把握しておくこと
「家を売って手元に残るお金」+「無理なく拠出できる自己資金」=「余裕を持って返済できる住宅ローン借入額」で新しい家の予算はこの程度と明確な数値がわかります。

いずれにせよ、2回目のマイホーム選びは、“身の丈を考える”ことが重要とのことでした。

予算から逆算し、どれくらいの家が購入可能なのかに軸をおいて考えるようにしましょう

詳しくは下記を参照してください。

https://president.jp/articles/-/27376

リニュアル仲介、渡辺でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

どうなる今後のマンション価格!?物件価格と金利の影響についても

・マンション価格の中期予測 (一財)日本不動産研究所が、東京23区のマンション価格と賃料の中期予測を発表しました。 <日本不動産…

空き家問題…

空き家問題は最近ではニュースで目にする事も増えているかと思います。 そして、皆さんのご自宅の近くにも空き家はあるかと思いますが、皆さん…

マンションの「専有部分」の範囲はどこまでか?

マンションは「区分所有建物」といって、各室ごとに所有権の対象となっています。 今回は、その区分所有権の範囲がどこまでかということについてお…

インテリアの配色は色彩計画から考える!

インテリアの配色は色彩計画から考える事をお勧め致します。 内装の配色の法則を知っておくと「広々とした開放感」、「心地よく感じる部屋」、「適…

2019年12月 フラット35金利のご案内

2019年12月のフラット35金利は、20年以下が0.96%、21年以上が1.01%と先月から0.04%増となりました。 大手銀行の動向に…

ページ上部へ戻る