© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

今あなたが居る場所の災害リスクをスマホでチェック「国交省重ねるハザードマップ」

お手元のスマホで、いま居る場所の洪水・土砂災害・地震などの災害リスクが、すぐに確認できるのをご存知でしょうか?

平成30年6月から、国土交通省の「重ねるハザードマップ」がスマホ対応、位置情報機能付きになり、このようなことが簡単にできるようになりました。

従来は、サイトにアクセスして、自分が調べたい場所を地図上で特定して、情報を確認するという手順で、正直、「よし、調べるぞ!」と少し意気込んで調べるくらいの手間がかかりました。

今回の改良で、圧倒的に使い勝手がよくなり、例えば、普段の生活の中のちょっとした空き時間で画面を開けば、すぐに自分がいることを示す印が地図上に表示され、下記のような情報が確認できます。

何気なく通勤で毎日通っている道や、よく食べに行く定食屋さん、お子さんの学校や遊び場など、いちどは確認しておいても損はないのではないでしょうか。Googleマップを使用するのと同じ感覚で、ものの数秒でできてしまいます。

◆重ねるハザードマップ

https://disaportal.gsi.go.jp/maps/?ll=35.742541,139.70747&z=13&base=std&ls=y2k7%7Cflood_list%2C0.8%7Cflood_list_l2%2C0.8&disp=001&vs=c1j0l0u0

自然災害は生命、財産に甚大な被害をもたらす可能性があります。既に家を所有されている方も、これから家探しをされる方も、万が一の時の避難場所の確認や、ご家族内で避難時する際のルールを決めるなど、準備をしおくようにしましょう。災害発生時に、親子が一緒にいるとも限りません。いざというとき、お子様が自分だけでも避難することができるよう、力を身につけてもらいたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

木造2階建ての住宅は構造計算が不要なの!?

震災の度に住宅の倒壊が報道されますが、日本の住宅で一番多い、「木造戸建て」住宅の構造計算はどうなっているだろう?と疑問に思ったことはありませ…

コールドドラフト現象とは

コールドドラフト現象、聞いたことはありますか? 聞いた事はなくても、もしかしたら体験したことはあるかもしれません。 たとえば暖房の温度設…

IT重説が仮スタート!不動産取引のIT化は加速するのか?

令和1年10月1日より、ITを活用した不動産売買に係る重要事項説明等の社会実験がスタートしました。 不動産取引において欠かせない重要事項説…

2019 年9月度の不動産相場

公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2019 年9月度の不動産流通市場動向が発表されました。 以下、首都圏エリア…

中古住宅購入時の「畳の張り替え」について

最近、中古住宅購入時に畳を望む方が増えているようです。ブームの再燃でしょうか? その為、本日は『中古住宅購入時の畳の張り替え』と題して、解…

ページ上部へ戻る