お金・ローン・税金

住宅ローンは変動型が人気!?

先日、国土交通省より「令和元年度 民間住宅ローンの実態に関する調査」の結果が発表されました。

これは民間金融機関を対象に貸し出し状況等を調査した回答結果をまとめたものです。

<国土交通省>https://www.mlit.go.jp/report/press/house01_hh_000098.html

調査対象機関は1,340機関、回答率は95%とのことです。

この調査結果によると、個人向け住宅ローンの新規貸出については、「変動金利型が最も高く、割合も60.5%になった」とのことでした。

前年度の変動金利型の割合も「50.7%」と過半数でしたが、今年度はさらにその割合が増加したようです。

たしかに、今月(2020年3月現在)の金利も、フラット35で1%前半という低金利が続いています。

変動金利の場合には、0.5%を下回るような金利の商品もあるようです。

短期的な支払金額を抑えるという意味では、この低金利は魅力的と判断されると思います。

ただ、注意していただきたいことは、住宅ローンは20~30年にわたる長期的な支払になる、という点です。

目下、経済が好転して金利が上昇する見込みがあるとは言えない状況ですが、10年後、20年後はわかりません。

例えば10年前のフラット35の金利は、2.5~3.0%の間くらいでした。

住宅取得後、積極的に繰上げ返済をして、短期で住宅ローンを完済する予定の方については、変動型の低金利を選択する方法もありだと思います。

早めにローンの残高を減らすことができれば、金利が上昇した場合の影響を抑えることができます。

一方で、住宅ローンを固定費として考え、安定的な家計のバランスを重視する方は固定型を選択することもありだと思います。

住宅ローンの選び方は金利だけではありません。

ライフプランも併せて、しっかり選択するようにしましょう。

ピックアップ記事

  1. 買ってはいけない物件を自分でチェック
  2. 立地適正化計画をご存知ですか?
  3. 危険な場所は 地形図で見分ける
  4. 住宅購入と 生涯の資金計画
  5. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?

関連記事

  1. 不動産取引ガイド

    住宅の内装壁の種類

    住宅の内装壁の話です。日本では、古くは湿式と呼ばれる塗り壁が一…

  2. 不動産取引ガイド

    新型コロナウイルスにより、地価上昇も幻となる?!

    〇自然災害の影響が少ないエリアが不動産の購入すべきエリアで間違いがない…

  3. 不動産取引ガイド

    出来れば避けたい、ご近所トラブル!!

    賃貸でも購入でも避けたいのは、ご近所トラブルだと思います。私自…

  4. お金・ローン・税金

    難易度高。「減税」と「助成金」併用の勘所!

    本日は、「住宅ローン減税」と「自治体の耐震診断・耐震改修に対する助成金…

  5. 不動産取引ガイド

    出るか、お宝!?~埋蔵文化財包蔵地~

    不動産取引の現場では、重要事項説明として関係法令についての説明がありま…

  6. 不動産取引ガイド

    家庭内LANの話

    IT関連技術の進歩が目覚ましいですね。生活がどんどん便利になっています…

  1. 不動産取引ガイド

    地盤の簡単なチェック方法
  2. デザイン

    古屋が持つ重厚感。 新築にはない既存住宅ならではの味わいを活かす。
  3. 不動産取引ガイド

    一般的な住宅の居室に主に使われる床材の種類の基礎知識
  4. 不動産取引ガイド

    知っておきたいカラーコーディネイトの基礎知識
  5. 不動産取引ガイド

    誰でもわかる!木造住宅の耐震診断 ~耐力壁~
PAGE TOP