不動産取引ガイド

東京圏の地価の変動が分かる衝撃のアニメーション

3月18日に国土交通省が2015年1月1日時点の公示地価を発表しました。

ニュースのタイトルを追ってみると、”3大都市圏の住宅地と商業地が2年連続で上昇した”という良い印象があるものの、”地方圏の地価が23年連続のマイナス”となっていること、”地方圏のうち札幌、仙台、広島、福岡の中枢4都市は2年連続の上昇で地方での地域間格差も広がっている”というような記事が見られます。

ただ、こういった数字だけ見ても今ひとつピンと来ない、というご意見もあるかと思います。
面白い記事を見つけました。首都圏ですが、数年間の公示地価の動きをアニメーションで表現しています。

「地価公示 東京圏の地価の変動が分かる衝撃のアニメーション」
http://blogos.com/article/108234/

こういう表現の仕方は非常にわかりやすいと思います。

データはあくまで参考程度にしかならないのですが、使い方や捉え方で有益な”宝”になり得ます。
表層の情報だけに目を向けるのではなく、時にはこうして俯瞰して全体を眺めることも重要だなと思いました。

国土交通省の「国土交通省地価公示・都道府県地価調査」サイトで全国の公示地価が見られますので、皆様がお住まいの地域がどのような状況にあるのかを把握されることをお勧めいたします。
http://www.land.mlit.go.jp/landPrice/AriaServlet?MOD=2&TYP=0

ピックアップ記事

  1. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  2. 立地適正化計画をご存知ですか?
  3. 買ってはいけない物件を自分でチェック
  4. 住宅購入と 生涯の資金計画
  5. 危険な場所は 地形図で見分ける

関連記事

  1. 不動産取引ガイド

    2015年の国税調査の結果、申告な事情が浮き彫りに…

    2016年10月末に発表された2015年の国税調査の結果、日本の人口が…

  2. 不動産取引ガイド

    いろいろな形の屋根

    日本の住宅では、9つの代表的屋根の種類があります。1.切妻屋根…

  3. 不動産取引ガイド

    【住宅ローン減税4】築後年数要件マンション編

    今回は築後年数要件のマンション編です。マンションは新耐震か旧耐震かが…

  4. 不動産取引ガイド

    住宅ローンを組んだ後にやってはいけない3つのこと

    その1:教育資金の積立をせずに繰上返済を行うのには注意が必要住…

  5. お金・ローン・税金

    住宅購入するうえでの『諸費用基礎講座』

    諸費用の考え方について不動産購入時に頭金以外で必要になるのが諸経費…

  6. 不動産取引ガイド

    よくある間違い。新耐震のつもりが旧耐震だった!

    よく耳にする「新耐震基準・旧耐震基準」。この法律の境目を正確に…

  1. 不動産取引ガイド

    【住宅ローン減税3】築後年数要件とは?
  2. 不動産取引ガイド

    海外赴任者 帰任に備えた日本の家探し 2 【全体スケジュール 編 2/2】
  3. 不動産取引ガイド

    数十年度に一度の災害は本当か?データで調べるハザードリスク
  4. 不動産取引ガイド

    「東京脱出」した人はどこへ?
  5. 欠陥・トラブル

    『築40年超の戸建を買ってリノベーション 取材を受けました!』
PAGE TOP