お金・ローン・税金

新築は10年保証が義務。では、中古は何年でしょう?

今日は、瑕疵(かし)保険の歴史について。

先日、「住宅瑕疵担保履行制度のあり方に関する検討委員会 報告書」が公表されました。 住宅瑕疵担保履行法は、平成21年10月に全面施行され、新築住宅を引き渡す際、保険 又は供託を義務付けることとなりました。それから5年が経過した昨年末から、5回にわた委員会が開催され、今回の報告書公表という運びとなりました。

■住宅瑕疵担保履行制度のあり方に関する検討委員会

http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000086.html

≪報告書≫

http://www.mlit.go.jp/common/001082616.pdf 冒頭で、“義務付け”と書きましたが、既存住宅(中古住宅)の場合は義務ではなく任意加入となっている為、消費者が付保するかどうかの判断をしなくてはいけません。また所有権移転前に必ずしなければならない手続きがあり、それを行わないと保険付保ができないので十分注意が必要です。既存住宅用の瑕疵保険は新築のそれから少し遅れて保険商品がリリースされ、様々なタイプの保険商品が順次出てきました。中古住宅の場合、保険期間の最長は5年間です。ちなみに国では、平成32年までに中古住宅流通量に占める保険の加入率を20%としています。

 

安心して住宅購入ができるよう、業界全体が“中古住宅でも保険をつけるのが当たり前”という市場になると良いですね。リニュアル仲介では、もちろん、全お客様に瑕疵保険をご案内しております!

リニュアル仲介本部パイロット店 石川でした。

ピックアップ記事

  1. 立地適正化計画をご存知ですか?
  2. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  3. 危険な場所は 地形図で見分ける
  4. 住宅購入と 生涯の資金計画
  5. 買ってはいけない物件を自分でチェック

関連記事

  1. 不動産取引ガイド

    人工知能(AI)を活用した住宅査定!地価算出データを公開?!

    不動産購入時に消費者が抱える問題として、「対象住宅の性能が不安」…

  2. 不動産取引ガイド

    窓を工夫して、光と風を取り入れる

    採光の大切さやポイント,役割を調べました。日差しが入るということは…

  3. 不動産取引ガイド

    他人事ではないですよ!空き家問題を積極的に考えてみる

    人口減と極端な少子高齢化に伴い、空き家問題が顕在化しています。国や…

  4. 不動産取引ガイド

    地震・雷・火事・オヤジ

    今ではあまり表現されなくなりましたが、怖いものの象徴として挙げられます…

  5. 不動産取引ガイド

    すでに終わっている街を選んではいけません!

    人口減をテーマとする記事が増えています。今回ご紹介するのは国が掲げ…

  6. 不動産取引ガイド

    平屋住宅シニアだけじゃない若年層にも人気

    平屋とは「1階建ての家」のことです。すべての空間がワンフロアに収ま…

  1. 不動産取引ガイド

    資産価値を下げるリフォーム!自己満足と資産価値は反比例。
  2. お金・ローン・税金

    住宅ローンは変動型が人気!?
  3. マンション

    広さと価格がバランスした好物件風通しの良い気持ち良い住空間を実現
  4. 不動産取引ガイド

    防災の準備はしていますか?
  5. 不動産取引ガイド

    今更ですが、台風が発生した場合の備えはしっかりと。
PAGE TOP